JGC主婦の個人海外旅行の達人!をめざして・・・

個人手配での海外旅行。安くてお得!そして自由に!そんな旅作りを日々研究中♪

スイスからの帰りの便は、ヘルシンキ空港からJALではなく同じワンワールドグループのフィンエアーに乗って帰って来ました。

なぜフィンエアーに?
「航空券が安かったから」
それだけの理由です(笑)
夫婦二人片道で6万円くらいの節約となりました。


フィン18 
フィンランド航空


フィン17
乗った機材は 『エアバスA350-900 』
エアバスの最新機材。
JALにはまだ導入されていない機材なのでこれに乗ってみたいから、というのもフィンエアーを選んだ理由の一つ。


フィン11 
フィンエアーのエコノミークラスには、足元の広い「エコノミーコンフォート」というシートの設定があります。
この機材では前方の5列分で、座席指定するのには70~90ユーロ別途必要になります。

ただし・・・


フィン12 
上記に当てはまる場合は無料で座席指定が可能です。
我が家はワンワールドのエメラルド会員に該当するので無料で指定させていただきました。
これもフィンエアーを選んだ理由です。


フィン13
黄色い星印のついているところがエコノミーコンフォート
その中で最前列の21Jと21Lを選択 


フィン5
21J と 21L
前の壁との距離感はこんな感じ


フィン8
身長167センチの私の場合、足を伸ばすと完全には伸ばせず膝は曲がります。
窮屈感はないけれど、それなら非常口前席のほうが完全に足を伸ばせるなぁという気も・・・


フィン7
ノイズキャンセリングヘッドホン


フィン6
マリメッコのアメニティポーチやブランケット等


フィン3
2列目以降のエコノミーコンフォート席はこんな感じ


フィン4
やはり通常のエコノミーより広いですね。


ちなみに・・・

フィン14 
非常口前の「エクストラレッグルームシート」とい紫色のシートは62ユーロで指定可能
ですが、ミラノからヘルシンキへの国内線のときにここを指定したら、英語が堪能か?と聞かれ、すごく堪能でないとダメで「very、very、very、very、very?」と聞かれ違う席に移動しました(笑)
人命にかかわることだからしょうがないですね。


[emoji:e-267][emoji:e-267][emoji:e-267]


フィン2
機内食 (2食目の朝ごはん)
これは完食するのはキビシカッタです。

なぜか1食目の写真が行方不明・・・
和食を選んで意外とおいしかった記憶があります。


フィン1
ヘルシンキ空港を飛び立ってすぐの光景
7月だったので緑が鮮やか・・・


フィン20 
これは10月にミラノからの帰りに乗ったときで、すっかり景色が変わっていました


フィン19 
機内は何もかもがマリメッコ♪
かわいい

でもね・・・
やっぱりJALのきめ細かなサービスに慣れていると、大雑把な外資系のサービスでは物足りなく感じてしまいます。
wi-fi のことで尋ねたいことがあってコールボタンを押しても全然来てくれなかったり、質問しても「私にはわからない」で終わってしまったり・・・
気を遣われるよりも干渉されないからそのほうがいいという意見もあるみたいですが・・・

一番ビックリしたのは、ミラノからの帰りに乗ったときに、日本人の男性客室乗務員の方が私が聞いたことに対して「自分にはよくわからないけれども、上司のマネージャーがそのようにおっしゃっているのでそれが正しいと思います」と言ったこと。
敬語の使い方が・・・

そして帰って来てからオットにお願いしました。
「少しくらい高くてもJALに乗せて~」と・・・
半年先まで購入済みなのであともう1回だけ乗らないといけないそうです・・・。



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


増えたお土産は折りたたみで軽量のボストンバッグへ!

グリンデルワルトでの6泊を終え、列車でミラノへと向かいます。
でもその前にインターラーケンで途中下車。
駅前付近を散策してお買いものを・・・


インターラーケン1
インターラーケン オスト駅
絵になるかわいい駅♡


インターラーケン18 
せっかく記念写真を撮ったのに
すごいグッドタイミングで後ろに大型ツアーバスが!(笑)


駅のすぐ前にある大きなcoopへ・・・


インターラーケン2
ここはワインがすごく豊富です!
スイス産のワインも国旗で表示してあるのでわかりやすい・・・


インターラーケン3
ここもグリンデルワルト同様に辛ラーメンが山盛り
店内でも韓国人旅行者が多くて韓国語が飛び交ってました。


インターラーケン5
リンツのチョコ、ダース売りのセール品
ちなみに「ACTION」は「セール品、安売り」などの意味です。


インターラーケン4
「Kambly」の種類も豊富


coopで少し買い物したあと、インターラーケンウエスト駅方面を目指してぶらぶら・・・


インターラーケン11
川沿いにある素敵なホテルを横目に・・・


インターラーケン12
しばらく行くとこんな素敵な公園が・・・
真ん中に見えているのはなんと、ユングフラウ!
まさかこんな街中から見えるなんて知らなかった~


インターラーケン13
公園のまん前にはその名も「ビクトリアユングフラウホテル」
ちょっと遠いけどユングフラウを臨む部屋なんて素敵♡


インターラーケン15
マクドナルドにもスイス国旗


インターラーケン14
ウエスト駅が近付いて来て街が賑わってきました。
お目当てのレダラッハ到着
外国人がいっぱいでした。


インターラーケン7
ウエスト駅を少し過ぎたところに巨大な「MIGROSモール」


インターラーケン6
かなりの規模のMIGROSにわくわく♪♪♪


インターラーケン8
ラクレットチーズをはじめ端から端までぜ~んぶチーズ


インターラーケン9
こちらも全部チーズ


食料品はもちろん、日用品もとても充実していました。
Victorinoxが50%OFFセールしてたので大人買い♪


インターラーケン10
電化製品のMIGROSもあり!
時間がなくてじっくり見れなかったのが心残り・・・


インターラーケン17
インターラーケンウエスト駅から列車に乗ります。
オスト駅に比べると小さな駅です。


インターラーケン16
列車を乗り継いでミラノ中央駅へ
これはスイス鉄道ですが、このあと乗り継いだイタリアの列車でちょっとトラブルに遭遇。
ちゃんと座席指定して予約してあったのに、乗り込んだときにはすでに誰かが座ってました。
まぁ、イタリアではこれはよくあること。
今まで何度もイタリアの鉄道に乗ってますが、誰かが座ってなかったことは一度もないくらい(笑)
Eチケットを見せて私たちの席だと主張して代わってもらいました。

がしかし、そのあと違うイタリア人が乗って来て、自分の席だと主張!
私たちのEチケットを見せて、そちらも見せるよう言うと見せない!
「ダブルブッキングだから自分にも権利がある」という主張。
だったら見せて、いや見せない、見せて、・・・
無視していたらあきらめて、前のほうに進んでまた違う人たちと同じようにもめてました。
ミラノまで2時間半くらいかかるので、予約してなくてあわよくばどこかに座ろうという魂胆ですね。
夏場は、スイス内を走る列車と違って国際列車は大混雑なので予約必須です。


インターラーケン19
グダグダありましたが夕方無事にミラノ中央駅に到着です!




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!



DEAN&DELUCA 折りたたみ式エコバッグ♪
たためばコンパクト、広げれば大容量!
カラー:Black/Gray/Green/White/Brown の5色
♡スイス旅行でのお買いもの


グリンデルワルトかいもの1
スイスビールは毎年恒例のお土産。
黄色いレモンのは私の大のお気に入り

コロンとしたエビアンは日本では見かけないのでかわいいものが大好きな友達へのお土産に・・・

真ん中の真四角のものはアルプス岩塩「SEL DES ALPES」
カルシウムが豊富に含まれているそうです。

左上はスイスの定番ジャガイモ料理のロシュティ(Rosti)で、レトルトみたいになっていて日持ちするのでお土産にもOK

右上3個はラクレットチーズ


グリンデルワルトかいもの3
ラクレット用の調理器具を買ってみました。
今まで家でラクレットをするときは、テーブル用IHにフライパンで代用してました。
これはとっても小さくてお手軽なところがgood
オットと2人だけなのでこの大きさで充分♪


グリンデルワルトかいもの4
すでにこの大きさにカットして売られている簡単ラクレットチーズの大きさにピッタリ!


グリンデルワルトかいもの5
固形燃料を4個セットしてチーズを一枚乗せてしばし待てばトロ~リ
じゃが芋などをくぐらせれば・・・


グリンデルワルトかいもの2
スイスといえば毎度お馴染み「ビクトリノックス(Victorinox)」
ミニナイフはお土産として毎年たくさん買います。
coopやMIGROSにも売っていますが持ち手は黒色ばかり。
カラフルな持ち手のものはちょっと割高ですがお土産屋さんで買います。

ここ数年、ミニナイフ以外にも何かしら一つ毎年買い足していっています。
今まで、ブレッドナイフ、包丁、爪切り、キューティクルニッパーなどを買い揃えて来ました。
今年はキッチンばさみが仲間入り♪
たった15スイスフランでさすがの切れ味に大満足♪





グリンデルワルトでの滞在をあとにして帰り道にインターラーケンに寄ってお買いもの♪


グリンデルワルトかいもの8
一番の目的は何と言ってもレダラッハのチョコレート
グリンデルワルトにはお店がなかったのでインターラーケンで途中下車してでも買いたい!ってことでやって来ました。


グリンデルワルトかいもの7
今年は例年よりたっぷり!


グリンデルワルトかいもの6
20センチ四方くらいにカットしてもらったものを5種類
これでだいたい約一万円弱くらいです。
これを4等分に分けてお土産に・・・
お店の人に小分けしたいと言えば袋とリボンを別途もらえます。

日本に帰って来てからチビチビと食べるのがシアワセ~


グリンデルワルトかいもの11
スイスといえば「Kambly」
チョコやアーモンドの入ったものがお気に入り。
グリンデルワルトで探したものの売っていなくてあきらめていたら、インターラーケンの巨大なMIGROSで発見


グリンデルワルトかいもの12
あっさりしていて好みのタイプのクッキーです♡





インターラーケンを経由してイタリアのミラノ中央駅に到着

グリンデルワルトかいもの14 
駅の地下のスーパー「CONAD」へ・・・


グリンデルワルトかいもの10
PERNIGOTTI(ペルニゴッティ)のチョコレート
日本ではあまり馴染みがないですがイタリアでは老舗のチョコレートメーカーなんです。


グリンデルワルトかいもの13 
こんなかわいいマクドナルドのケチャップが売ってました♪





ミラノから飛行機でヘルシンキ空港へひとっ飛び!


グリンデルワルトかいもの9
フィンランドといえばお約束のこのチョコレート「FAZER(ファッツェル)」
板チョコは250グラムもある巨大なもので、一般的なリンツの板チョコで100グラムなので2.5倍です!
割った一粒が大きいので食べ応えあります!
空港の免税店では1個なら4ユーロ、2個なら6.7ユーロ

フリーズドライのイチゴをチョコでコーティングしたものも買ってみましたが・・・リピはないかも。


以上、スイスとイタリア、フィンランドでのお買いものでした♪




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


トラベルポーチ 6点セット
軽量!防水! 大容量!メッシュ素材で持ち手付き!
これでスーツケースの中はスッキリ!


グリンデルワルト滞在5日目にしてようやくお天気に恵まれたので念願のハイキングへ!
クライネ・シャイデック(Kleine Scheidegg)まで電車で行って、アルピグレンを経由してあとはグリンデルワルトまでハイキングで戻るという一般的なコースをチョイス♪


クライネ1

グリンデルワルトからクライネ・シャイデック駅まで片道31スイスフラン (約3,600円)


クライネ2
この電車に乗ってGo!


クライネ3
約30分で到着


クライネ4
スイスではお約束のセントバーナード犬もちゃんといました。


クライネ5
たいていの人はここで乗り換えてユングフラウヨッホを目指します。
レストランもあって大勢の人で賑わってます♪


クライネ9 クライネ27
ソーセージ一本とポテトで約1,800円!
辛ラーメン 800円!
山の上なのでしかたないですね・・・


クライネ6
かわいいチロリアンテープの種類が豊富なお土産屋さんも♪


クライネ7
このゲートをくぐりぬけてハイキングが始まります。


クライネ10
このゲートを過ぎたところで過激な人たちを発見!
外国の若い女性2人が着ていたTシャツを突然と脱いでバンザイ!
後ろから写真を撮ってもらっていました。
きっとインスタとかにUPするんだろうなぁ・・・
横を通る男性陣のほうが目のやり場に困ってタジタジ・・・(笑)


クライネ13
すぐ目の前まで牛さんが・・・


クライネ11
ずーっと待ってようやく晴れて姿を現したアイガーをしみじみと見上げて・・・


クライネ31 
ユングフラウ鉄道の列車が見えて来ました。


クライネ30 
アルピグレン駅に到着


クライネ32 
レストランもあるようです。


クライネ33 
もうグリンデルワルトの町並みが見えています。
あとはひたすら下って行けばOK♪


クライネ14
ここで標識を確認!
「グリンデルワルトの町並みが左方向に見えているし、アルピグレン駅方向へ行けばグリンデルワルトだよね?」
と私が言うと、
「いやいや、グリンデルワルトは右ってなってるやん!」
「えぇ~っ!ほんと?大丈夫?」
「大丈夫、大丈夫」

ということで右方向へ行くことに・・・
でもこれがここから過酷な闘いに挑むことになろうとは・・・(泣)


クライネ15
さっき写真を載せるために見ていてみつけてしまいました。
上の写真の標識の中にこんなものが!
右方向には「アイガートレイル」の案内もあるじゃないか!


クライネ21
そのときはそんなことには気付かずどんどん突き進んで行きます。
もうほとんど人とすれ違うことがなくなって来ました。
不安になっていた私は最後に会った人に聞いてみようよ!と言ったのですが、オットは大丈夫の一点張り。


クライネ16
どんどん歩いて行って次の標識を発見
そしてこれも日本に帰って来てから気付いたのですが、「赤と白」の矢印がついているのは上級者コースを意味するんだそうです。
こんなことも知らずに山に入ったこと自体がダメダメですよね・・・


クライネ17
そしてこれも!
今度は「アイガーウルトラトレイルE101」の標識が!!
さっきアイガートレイルだった標識が一段と険しくなってる~!

アイガーウルトラトレイルE101とは、
毎年グリンデルワルトで行われている、制限時間26時間、総距離101キロ、高低差6700メートルという鉄人レースのこと!
明け方真っ暗なうちに出発して夜通し険しい山道を走り続けるというオソロシイレースです。

そんな無謀なレースのコースに足を踏み入れてしまったのでした・・・(涙)


クライネ19
途中に道案内の印があります。
ここでもやっぱり赤と白。
初級者向けなら黄色いペンキなんです。


クライネ18
道の途中で滝つぼみたいになっていて、これを渡らなければ進めないという場面に出くわしてしまいました。
意を決して走ってジャンプ!!
ギリギリ越えられました!
もうこの辺で帰りたくて辛くて恐くてウルウル・・・


クライネ23
小さめの氷河も迫って来てました。
近付いて穴になっているところに入るとすっごい冷気!


クライネ22
しばらくこんな岩山が続きます。
ロープを伝わないと登れないような山登りなんて未経験です!


クライネ24
おぉ~っ!グリンデルワルトの町並みが見えて来ました!
ここで空腹に耐えられず持っていたおにぎりで休憩
あとはもう町に向かって下って行くだけ!

と思ったのは束の間。


クライネ25
このトレイルのコースは登ったり下ったりを何度も何度も繰り返すんです。
岩山は過ぎたものの、今度はこんな山道。
細くて整備されてない山道で、ちょっとでも足元が狂ったら滑落して転げ落ちてしまうような道です。
またどんどん町並みが遠くなり離れて行くのが見えて涙・・・

しかもそろそろ日没が近付いて来ていたことと、今にも雨が降り出しそうで時間との闘い。
こんな細い山道を全力でダッシュ!
上りはいいけど下りは勢いづいてしまうので、とにかく踏み外さないように下腹に力を入れて走ってました。
翌日は足が筋肉痛になるかと思いきや、下腹の腹筋がすっごい筋肉痛になっていました。


クライネ26
何とかかんとか日没までに下りて来れました~
最後の分岐点で、グリンデルワルトに直接帰る道ではなく、一つ手前まで行ってそこからバスに乗ってグリンデルワルトに行こうと決断。
そのほうがちょっとでも楽そう・・・
と思ったら、最終バスが出たあとでした~(泣)
ここからまた40分ほど歩いて無事グリンデルワルトに到着。

約5時間の過酷な耐久登山となってしまったのでした。
軽いハイキングのつもりがこんなことになってしまって、もっと早くに引き返せばよかったと反省してます。
たまたま滑落もせず無事帰って来れたからいいようなものの、ケガでもして歩けなくなったりしたら大変なことになっていたと思います。
夫婦2人とも体力に自信があるからついつい過信してしまう傾向にあるように思います。

でも・・・
「アイガーウルトラトレイルE101」、ほんとにすごい鉄人レースですがほんの一部だけでも体験できたことはとても貴重でした。
興味があり体力の有り余っている方、ぜひチャレンジしてみてください



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!



280gの超軽量折りたたみサブバッグ!
帰りの空港で買ったお土産の紙袋がたくさん増えたときも一つにまとめられて楽チン!
旅のお供に一つあると安心♪




雨続きのグリンデルワルト。
スーパーやお土産屋さんをぶらぶらするのは大好きだけど、毎日そればかりだとそろそろカラダを動かしたくてうずうず・・・
ということで町の中にあるスポーツセンターのプールへ行くことに・・・



スポーツ1

グリンデルワルト駅やcoopからもすぐ近く


スポーツ2


スポーツ3
ロビーにはアイガーなどの山々のライブカメラがあってその時点のお天気がわかるサービスがあります。
これ、すっごく助かりますヨネ。
特にユングフラウヨッホはせっかく上っても吹雪いてて真っ白けで何にも見えない!ってことが多々あるので・・・


スポーツ4
アイスリンクもあって時間帯によってはスケートも利用できます。
このときはアイスホッケーの試合をしていました。


スポーツ10
本格的なアスレチックも・・・


スポーツ
グリンデルワルト滞在者はホテルでこういうパスをもらうことができます。

このパスの特典は、
・近辺のバスが無料で乗れる
・スポーツセンターの入場料が無料


スポーツ5
上記パスをチケットカウンターへ呈示するとこのチケットを発券してくれます。


スポーツ6
プールの入口にあるこの機械にかざすと・・・


スポーツ7
この回転扉のロックが解除されて中へ入ることができます♪


スポーツ8
入ったらいきなり目に入ってくるのがこの更衣室
そして男性がいっぱい!
そう!男女分かれてないんです!
まさかのまさかで一緒に着替えるの?
サウナも素っ裸で男女一緒に入る国だから着替えなんて平気とか?
などと混乱していたら・・・


スポーツ18
鍵のかかるドアのついた一人用更衣室が数ヶ所ありました。
だよね~
いくらなんでもね~


スポーツ9
こんなドライヤーが設置されてます。
これ、スイッチを見つけるまでにどれだけ時間がかかったことか・・・(泣)
ボックスになってる部分の下側にありました。


スポーツ11
けっこう広い!
写ってないですが浅い幼児用のプールもあります。
ジャグジーがないのが残念!

ロープより向こうは私の足がつくくらいの普通のプール
でも手前側は2~3メートルくらいあってかなり深い!


スポーツ14 スポーツ15
深い理由はこれ!
飛び込み台があって子供も大人もバンバン飛び込む!
飛び込み専用プールがあるなんてとってもめずらしいですよね。


スポーツ17 スポーツ19
オットは飛び込み台を使ってフィットネスクラブの格闘技レッスンのニータックジャンプの練習を・・・
理想は右の写真のようになりたいのです♪
ちなみに私もこれができるようにただいま特訓中!


スポーツ12
短いけどスライダーもあります♪
右端の階段を上がると、窓の外に見えているチューブの中をぐるっと回って・・・


スポーツ13
ここへ出てきます。
途中は真っ暗でけっこうコワかった!


スポーツ16
ロビー横にはカフェもあり・・・


なんだかんだで3時間くらい遊んだでしょうか・・・
なまっていたカラダが動いたことでちょっと楽になりました~
雨の多いグリンデルワルトでハイキングに行けない日が続いたときにはおすすめです♪



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


BRUTUS 台湾特集
台湾で見る、買う、食べる、101のこと。
台湾4都市ガイドの決定版!
使い勝手抜群のスペシャルマップ(スマホ対応QRコード)付き♪


ハワイ・スイス・パリ・バンコクetc.毎月飛んでる主婦の日々・・・

majubii

Author:majubii


[ジャンルランキング]
旅行
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
2位
アクセスランキングを見る>>