JGC主婦の個人海外旅行の達人!をめざして・・・

個人手配での海外旅行。安くてお得!そして自由に!そんな旅作りを日々研究中♪

22:00 成田発 ドバイ行き エミレーツ航空 EK319便
機材はBoeing 777-300ER
以前はA380が就航していましたが機材変更になってしまいました。


座席1
私の座席は1A
この日のファーストクラスの搭乗客は私を入れて3名で他の2名は外国人男性。
日本人のCAさんが私についてくれていました。
初めてのエミレーツ航空でちょっぴり緊張してます、って言うとすごく気さくに話しかけてくれ、少しホッとしました。
その他の男性客室乗務員の方も超高速英語で世間話をペーーラペラ話しかけてくれるので、聴き取るのに必死(笑)

機内に乗り込むとチケットをチラッと見たCAさんが3人がかりで席へと案内してくれます。
至れり尽くせり感が何とも高揚します。


座席ドバイ→チューリッヒ4
席についてCAさんの自己紹介が終わるや否や、すぐさまウエルカムドリンクのオーダー
もちろんシャンパンを。


座席ドバイ→チューリッヒ3
今はドンペリ2006が提供されています。
JALのサロンに比べるととってもリーズナブル
昨年はロゼの2003だったそうで、それ飲みたかったな、なんて思ったりして・・・


座席ドバイ→チューリッヒ2
まだ出発前なので窓の外は成田空港


座席ドバイ→チューリッヒ7
全体的にゴールド系でキラキラ
華やかでこれぞ「ザ・ファーストクラス」っていう気持ちにさせてくれてドキドキ・わくわく


座席ドバイ→チューリッヒ6
シート幅は60センチとさほど広いわけではないけれど、空間が広いのでゆったり感があります。


座席ドバイ→チューリッヒ5
各座席にこの扉がついているのがエミレーツ航空の特徴


座席ドバイ→チューリッヒ33
これはドバイ→チューリッヒの便に乗ったときのものですが、扉を開けているとこんな感じ


座席ドバイ→チューリッヒ11
各座席ごとについているミニバー
もちろんどれでも好きなときに飲んでもOKですが、冷蔵庫ではないので冷えていないのがちょいと残念。
離着陸時は蓋を閉めておきます。


座席ドバイ→チューリッヒ22
離陸してベルトサインが消えるとお菓子の籠盛りが・・・(笑)
壁際に見えているデンファレは生花です。


座席ドバイ→チューリッヒ10
大きなテレビ画面は遠いので、この取り外し可能のモニターで操作OK


座席ドバイ→チューリッヒ8
アラビアコーヒーはいかがですか?と中東名物のデーツ(なつめやし)とともにサーブされます。
エミレーツ航空に乗ってるんだ~っていう実感が・・・


座席ドバイ→チューリッヒ9
アラビアコーヒーに慣れていないので美味しいとは言い難いのですが、中東の航空会社らしくて気分が上がります♪


座席ドバイ→チューリッヒ19
何かお好きなものを召し上がってくださいと言われましたが、
ラウンジでけっこう食べてしまったし、この時点で夜の11時頃でそんなにガッツリ食べられないので
チーズの盛り合わせと白ワインをいただくことに・・・

日本発の便なので懐石コースもあったり、洋食のフルコースもあったけど全く食べられず・・・残念


座席ドバイ→チューリッヒ20
ひと切れが大きいので完食はかなりキビシイ~


座席ドバイ→チューリッヒ21
クラッカーも添えられて・・・


座席ドバイ→チューリッヒ13
引き出しを開けてみると中からレターセットが出て来ました。
ペンが素敵
もちろんいただいて帰りましたヨ


座席ドバイ→チューリッヒ12
アメニティはブルガリ
(詳細は他のアメニティやパジャマと一緒に後日UPします)


座席ドバイ→チューリッヒ32
スリッパは気持ちいい素材


座席ドバイ→チューリッヒ15
フルフラットにしてベッドを作ってもらったらこんな感じ
途中で起きたときに撮った写真なのでシーツがクシャクシャですが・・・


座席ドバイ→チューリッヒ16
おやすみモードに入るため扉を閉めてしまうともう完全個室!
これなら足が布団からはみ出ても、ヨダレを垂らしても気にしなくてOK


座席ドバイ→チューリッヒ17
パジャマに着替えるときにいつものクセでトイレに着替えに行ったけど
よくよく考えたら個室になるんならここで着替えても良かったのかな・・・?


座席ドバイ→チューリッヒ29
照明が落とされると天井が星空のように・・・


座席ドバイ→チューリッヒ23
ぐっすり眠って目覚めたら、朝食はいかがですか?と聞いてくださいましたが、
寝ていただけで全くお腹が空いていないのでフルーツのみいただきました。


座席ドバイ→チューリッヒ24 
CAさんのお気遣いで「では、せめてデトックススムージも」と。


座席ドバイ→チューリッヒ14
明け方の3時頃、ドバイの街並みが見えてきました。


座席ドバイ→チューリッヒ27
間もなく着陸


座席ドバイ→チューリッヒ31
ドバイの空港に到着
当然のことながらエミレーツ航空の飛行機だらけ。
あぁ、ドバイに来たんだーっていう実感が・・・


座席ドバイ→チューリッヒ26
飛行機を降りる直前に
CAさんが写真を撮ってくれました。


次は私が一番驚いた、飛行機を降りてからターミナルまでの移動編です。




海外旅行情報満載!


小さく折り畳んで旅のおともに!
壊れやすいものはこのバッグに入れて機内持ち込みしよう!


スイスへ出発当日、成田空港第2ターミナルへ


ラウンジ4
いつものJALのファーストクラスチェックインカウンターの前を素通りして・・・


ラウンジ5
エミレーツ航空のチェックインカウンターへ


ラウンジ2
保安検査はいつもならJAL専用ファストセキュリティレーンを利用していますが
いろんな航空会社用のプライオリティレーンもちゃんとありました。
北側から出発するのは初めてなのでキョロキョロ(笑)


ラウンジ1
出国審査を抜けたら目の前にあるこの透明のエレベーターに乗ります。


ラウンジ6
エレベーターのドア前にエミレーツ航空とキャセイパシフィック航空のラウンジの案内があります。
エレベーターで4階へ


ラウンジ7
エミレーツ航空 ファーストクラス&ビジネスクラスラウンジ


ラウンジ8
入口を入ると噴水がお出迎え


ラウンジ10
明るい!そして奥行きが長~い♪


ラウンジ9


ラウンジ12 
壁面には日本的な絵画が・・・


ラウンジ11
ダイニングエリア





ラウンジ15
シャンパンはモエ
この後行ったドバイやチューリッヒのラウンジもモエでした。


ラウンジ14
デーツがある!しかも王室御用達の高級デーツ「バティール」
機内でも提供されていたり、ドバイのラウンジにもありました。
※デーツとは「なつめやし」のこと


~コールドミールコーナー~

ラウンジ16
チキンサラダ


ラウンジ17
お寿司
3皿程度しか並んでいないので乾かないのが嬉しいですね。


ラウンジ18
ローストビーフ
味付けはしていないのでそばにある出し醤油をかけて・・・
やわらかくて美味しいです♪


ラウンジ19
「タブーリ」というパセリのサラダと、「フムス」というひよこ豆をペースト状にした中東料理


ラウンジ20
世界のチーズ


ラウンジ22
フルーツ


ラウンジ21
チョコレートムースチーズケーキ&ピーチメルバ・ラズベリーソース


~ホットミールコーナー~


ラウンジ24
左から
焼きうどん、和風シーフードカレー、インド風カレー、サフランライス、ミラノ風チキンカツレツ


ラウンジ26
牛フィレ肉のステーキ


ラウンジ27
天ぷらの盛り合わせはオーダーしたら席まで持って来てくれます。





ラウンジ32
少しだけシャンパンを・・・
ダイニングエリアにはすべてのテーブルにバラの花


ラウンジ28
天ぷらコーナーの前に立っていたら、スタッフの方が「揚げたてをお席にお持ちしましょうか」と言ってくださいました。
イカ・なす・かぼちゃ・椎茸・アスパラ
ほんとに熱々♪
一つ一つが大きいのでけっこうボリューミー


ラウンジ30
ちょこっとずついろいろつまんでみました。
牛フィレステーキがやわらかくてとーっても美味しかった!
和風シーフードカレーはちょっとピリ辛で好きな感じのカレーでした。
インド風カレーのほうは何かの「種」みたいなものが入っていて香りがキツイ!
ゴルゴンゾーラパスタは、よくあるラウンジレベルのものだろうと思っていたらまるでイタリアンレストランで食べるような本格的なお味でした♪


ラウンジ33
ゴルゴンゾーラパスタが美味しかったのでおかわり♪
焼きうどんは中華っぽい味付けで香港麺みたいで好みの味付けでした。


ラウンジ34
チョコレートムースチーズケーキが見た目に反して美味しい
特にチョコレートムースの部分がgood♪
お腹がいっぱいじゃなかったらもっと食べたかった~


ラウンジ35 
出発前にシャワーを利用しました。
アメニティの中にはボディ用のヘチマなんかもありました。
くし、ネイルファイル、綿棒、シャワーキャップ、カミソリ、歯磨きセットなどなど


ラウンジ13 
パソコンコーナーもあり


~初めてのエミレーツ航空ラウンジ、利用してみて感じたこと~

お料理は冷めることや乾燥を防ぐためか、ほんの少しずつしか出されていません。
でもスタッフの方が常に見ていて、なくなった都度すぐに補充しています。
客層はほぼ男性でビジネスマン風、家族連れは一組も見ませんでした。
オバサン一人の私はとっても浮いていたと思います(笑)

お料理は想像していたのは中東料理でエスニックなのかなぁと思っていましたが、それはほんの少しだけで、日本人好みになっていてホッとしました。
そしてどれもこれも美味しかったのも意外でした。
正直なところ外資系のラウンジのお料理はイマイチなので・・・
そのへんはやはり日本のラウンジだからでしょうか・・・
もっといろいろ食べたかったけど、これからファーストクラスの機内食が待っていると思うと楽しめないのが難点。
案の定、機内では全然お腹が空かなくてほとんど食べれなかったという結末が・・・(泣)


次は飛行機の機内編



海外旅行情報満載! 


あのミレストに新柄登場!
折り畳めばコンパクト!旅の必需品!







飛行機ファンなら誰もが一度は乗ってみたいと思う「Airbus A380-800」
空港で止まっているのを横目に、いつかは乗ってみたいよね、と見るたびにオットと話していました。

2階建てで500人ほどを一気に輸送できる大型機。
たいていは1階はエコノミークラスで2階はファーストクラスとビジネスクラスとなっているのが多い。
でも、A380に乗るならファーストクラス!と決めていました。

A380を持っている航空会社は、エミレーツ・エールフランス・大韓航空・BA・ルフトハンザ・CXなどなど。
ただし、以前は日本との間にも就航していましたが今は飛ばしていない航空会社も・・・

そして何より、我が家がファーストクラスに有償で乗るなんて絶対無理。
特典航空券以外はありえません。

となると、JALマイラーの我が家が乗れるのはBAかCXかエミレーツ航空か・・・
A380でしかもファーストクラスでという条件も付け加えて、あれこれ考えた結果、エミレーツ航空でドバイを経由してチューリッヒまで飛ぼう!ということに。

今年のスイス旅行はエミレーツ航空のファーストクラスに決定!


エミレーツ3
カッコイイ~
パッと見た感じ、2階建てってわかりにくいですが、窓が2列になっているのが特徴。
(画像はHPより)


エミレーツ4
そして4発のエンジン!

エミレーツ航空のA380は現在は日本発着便には就航していません。
ですが、ドバイ⇔チューリッヒには就航しています!

エミレーツ航空に乗ることを決めてさていざ予約!
ワンワールドグループのCXやBA便だとホームページで空席確認できますが、エミレーツ航空の場合は確認できないので電話で問い合わせする必要があります。

がしかし!

夫婦で2席を同じ便で確保することはかなり難しいという現実にぶつかりました。

我が家の場合はどうしても往復とも週末便を利用するのでなおさら取りにくいです。
翌年の7月分の予約を330日前に問い合わせしても空席無し!

日本⇔ドバイ⇔チューリッヒ の行程のうち、
ドバイ⇔チューリッヒはすぐに2席確保できましたが、日本⇔ドバイが空席無しなんです。

エミレーツ航空のドバイ行きは、羽田・成田・関空の3便が就航していて、ほぼだいたい1時間程度の差で出発します。
なので苦肉の策で、オットは関空便、私は成田便で何とか確保することに。
エミレーツ航空のファーストクラスの場合、座席には扉もあって完全に個室化するので、どうせ一人で乗っているのと同じようなものだし、深夜便なので眠ってるだろうしね、と言うことで往路は決定。


エミレーツ航空3  
これは関空便のスケジュール
オットより少し早く出発する成田便の私のほうが1時間弱ほど先にドバイに到着するので、ファーストクラスラウンジの中で待ち合わせすることにしました。


問題は復路便。
実際に乗りたかったのは7/31到着の便。
ところが1席だけ確保できたものの、もう1席は3空港とも空席無し。
とりあえず8/2着の便で仮予約。
たびたび電話で問い合わせると数ヵ月後に何とか8/1の便には変更できました。

この時点で、
「じぁいっそのことチューリッヒからドバイまでは一緒に帰って来て、私だけドバイで一泊して観光して帰ろうかなぁ」
ということになりました。
出発の一ヶ月くらい前まではドバイのガイドブックも買ってホテルも検索してほぼ決めかけていました。

ですが・・・

ふとしたときに、一人で観光していいのか?と思い始めました。
初めてのドバイ。
巨大な噴水ショーとか、砂漠ツアーとか、世界一の超高層ビルとか。
一人で感動してしまったら、今度オットと見るときに同じ感動を味わえないじゃない!
どうせなら二人で感動を共感したい。
そう思う気持ちがだんだんと強くなって来ました。


それともうひとつ気になることも・・・
 
エミレーツ航空1 
これは復路便の今のスケジュールで、ドバイ到着が23:45となっていますが、7月頃の場合は深夜の01:10 だったんです。
そんな時間にドバイ空港に着いて、一人でタクシーに乗って街まで出るのってビミョウだなぁ・・・という気もしてきました。
慣れているハワイとか韓国とかバンコクとかなら全然平気だけど、全く勝手のわからない初めての地で・・・

ということで何とかオットと同じ日の便で帰れないか、そこから何度か問い合わせしていましたが、結局3空港とも全く空席が出ませんでした。
そしてその不安な気持ちのまま日本を出発して、帰る日になってチューリッヒの空港でもドバイの空港でも当日空席が出てないか聞いてみましたがやはりダメでした。

と言うか、あくまでもJALのマイルで乗るのでJALのほうでないと予約内容をコントロールすることはできないと言われました。
JALで予約を変更することができるのは2日前の日本時間の正午12時までなので、その期限の過ぎた当日になってドバイのカウンターで必死に訴えたところでどうにもこうにもオペレーションすることができないんだそうです。
「そこを何とか空席あるなら乗せてよ!」なんて思ったのですが・・・
実際、オットの乗った便には空席がありましたが変更してもらうことはできませんでした。

結局、オットは先にドバイ空港を発って日本に帰り、私はそのままドバイのファーストクラスラウンジで約24時間を過ごすことにしました。
空港のトランジットホテルに泊まることも考えましたが、ラウンジには仮眠室もシャワーもあるのでまぁいっかということで・・・

オットを見送るときのあの寂しさ。
後姿が見えなくなるまで涙ながらに見送りました。 オットは笑いながら去って行きましたが・・・(笑)
私が先に帰るなら全然平気だったかも。
取り残されるあの寂しさはもう二度とゴメンです。




予約のときに気をつけないといけないこと
・週末に2席以上同時に取ることは非常にむずかしい
・空席状況は毎日どんどん変わるのでひたすら毎日根気良く電話する
・日本⇔ドバイに空席がどうしてもなければ、ソウル⇔ドバイも検討の余地あり!と思います。
ソウルまでは他社便で行くことになり、機内食は日本食が出ないのが残念ですが・・・

・ファーストクラスの場合、本来は到着空港からホテル等の目的地までリムジンでのお迎えサービスがありますが、JALマイルを利用した特典航空券の場合は除外されます。
<※追記1>
コメント欄にてカンタス航空のマイルで乗っている方から利用できたという情報をいただきました。
「取得した予約確認コードはカンタス航空のコードになるので、エミレーツに電話して乗客名と予約便を言うとエミレーツの予約確認コードを教えてもらえます。そしてそのコードをエミレーツのHPで入力してリムジンの予約を行います」
とのことです。
ただし、この件に関しては私自身が実際に体験したことではないので、あくまでもご参考にということで・・・
ご利用の際はご自身にてご確認くださいますようお願いいたします。
私はエミレーツ航空に2回電話して確認しましたがJALの特典航空券では利用できないとのことで、理由はJALに聞いてくれと言われました。
JALに聞くとエミレーツ航空のことなのでわかりかねる、とのことでした。

<※追記2>
他の方からも情報をいただきました。
エミレーツ航空のホームページの送迎サービスの規約条件の中に
「エミレーツ便でのご旅行をエミレーツ・スカイワーズのパートナー経由でご予約いただいた特典チケットでは、送迎サービスをご利用いただけません。」
と明記してあるのですが、英語版のほうには最後に「with the exception of Qantas」と記載されています。
ということでカンタス航空のマイルを使って特典航空券を発券する場合は除外され、送迎サービスが利用できるようです。


エミレーツ航空5


次回は成田空港ラウンジ編



海外旅行情報満載!


壊れやすいお土産はこれに入れて機内持ち込みで安心!

2016年9月17日から22日まで結婚記念日旅行でベネチアに行って来ました。
お天気にも恵まれ、日中は少し汗ばむこともありましたが過ごしやすいちょうどいい気候でした。

初めてのベネチア、水の都。
大小の島々と運河、細く入り組んだ狭い路地・・・
今まで見たことのない夢のような景色の数々に魅せられました。
小さな町なので4泊するとかなりのんびり・・・
ただただ海を眺めてぶらぶら散歩するだけの4日間でした。


ベネチア4
ホテルの前で運河を往来する豪華客船をボーッと眺めていたり・・・


ベネチア6
表通りから外れた静かな運河でゴンドラを楽しむ家族


ベネチア7
サンマルコ広場の辺りは、歩けないほどの観光客でぎゅうぎゅうの人・人・人
だけど、ほんの少し路地裏に行くと地元の人しか歩いてないような静かなところもあったり、すごく狭い運河もあったり・・・


ベネチア8
町の中なのにあちこちにぶどうの蔦があり実も生ってる!


そんなベネチアを後にして列車でフィレンツェに移動。
ベネチアには大きなお店がなかったので、2時間ほど駅前でお土産を買ってから帰国。


の予定でしたが・・・
現地からもUPしたように
ベネチア発の italo がまさかの70分遅れ!
そんな悠長なことを言ってる場合ではなくなりお土産は無し・・・


無事フィレンツェからパリでトランジットして成田に着いたら、荷物のターンテーブルに私の名前の書かれたプレートが流れて来ました。

あ~ぁ・・・
ロスバゲです。人生初の・・・
まぁこれだけ乗ってて初めてっていうのも今までがラッキーだったのかもしれませんが・・・
でもすべてをJALさんがやってくれて何も心配することなく手続きが終わりました。
しかも、スーツケースの中に入ってるチーズは取り出して別便で冷蔵で送ってくれるそうです。
さすがこういうときはJALさん、対応が素晴らしい
これがベネチアに着いたときだったた思うとエールフランスだし、深夜だしゾッとします。
友達にロスバゲした~ってメールしたら、「荷物はまだイタリアから帰りたくなかったのね」って返事が・・・
なんて素敵な考え方!
そう思うとまぁいっか~と思えて来ました。


そしてもう一つ。


ベネチア9
2個のスーツケースのうち1個がロスバケして、もう1個は破損してました。
でもロスバケの手続きをしてくれたJALのスタッフさんが本当に親切でそちらもついでに全部やってくださって・・・
破損等の申告をする窓口は大混雑だったのでありがたかったです。


最後に成田発伊丹行きの国内線が遅れていて、伊丹空港の門限の21時までに到着できないようなら関空にダイバートと言われてましたが何とか5分前に滑り込みセーフ!

そして神戸行きのシャトルバスも最終便にギリギリセーフ!


やれやれ・・・
運がいいんだか悪いんだか・・・(笑)

いろいろありましたがこれも個人手配旅行の醍醐味でしょうか・・・
思い出に残る結婚記念日旅行となりました。

7月のスイス旅行記をUPした後、ベネチアをUPしたいと思います。


海外旅行情報満載!


3D構成により快適な眠りをサポート!


fc2blog_20160921140409f20.jpg
ホテルの屋上から夕暮れのベネチア・・・

今朝は、ベネチアからITALOでフィレンツェへ移動して帰国。

のはずが!

まさかのITALOが70分遅れ!
やっと今さっき乗りました~
どうなることかと思った・・・
乗り継ぎ時間がたっぷりあるからいいようなものの・・・

間もなく帰国です。


海外旅行情報満載!


旅先で増えたお土産もこれで安心!



20160920035135dec.jpeg 

201609200351375ad.jpeg 

20160920035137f1b.jpeg


ベネチアに来ています♪



バンコクのスワンナプーム空港にあるオマーン航空のラウンジが、プライオリティパスで入れるようになったので行ってみました。


オマーン1
OMAN AIR FIRST & BUSINESS CLASS LOUNG
ホームページは こちら


オマーン2


オマーン3


オマーン12
訪れたのは閉店近くの午後8時
そのせいかほとんど利用客はいなくて静かで落ち着いた雰囲気


オマーン4
.

オマーン10


オマーン11


オマーン9
チーズ&クラッカー


オマーン8
見たことも食べたこともない中東料理が・・・


オマーン5
ホットミールコーナー
真ん中のフライパンはクリームソースのパスタでまぁまぁイケます。


オマーン6
パンは一個一個ラップに包んである・・・


オマーン7
手前のものはカップケーキなんですが、ブルーって食欲をそそらないものですね・・・


正直なところ、お料理は日本人には馴染みのないものもありますが、空いていて雰囲気はとってもいいラウンジでした。



海外旅行情報満載!


長時間のフライトを快適に!


今回のバンコクでのお買い物。
いつもと変わり映えしないですが・・・


かいもの3

ドリアンチップ好きの友達が2人います。私は絶対NGですが・・・(笑)
クリスピーロールは私の好物
毎度おなじみオジサン顔のピーナツ、写真には2袋しか写っていませんが実は15袋くらい買いました。
お土産用5袋とオット用に10袋。
オットの大好物なのでチビチビ大事に食べてるみたいです。
パンプキンスナックはちょっと粉っぽく、Rice scoopsはしょっぱくてどちらもリピは無し。


かいもの6
ココナツパームシュガーを買ってみました。
以前カンボジアの屋台で買ったというものをお土産にいただいて、そのおいしさに感動したことがあります。
タイでもココナツパームシュガーはとても一般的なもののようなので買ってみることに・・・

ココナツパームシュガーの特徴は、GI値が低いということ。
もちろん糖分なのでカロリーは普通にありますが、血糖値が上がりにくいというのはありがたいこと。
普段のお料理にはラカントを使用していますが、飲み物とかデザートなんかにラカントはイマイチで・・・
そういうときにはコレを使うことにしました。

手前の四角いのは6センチ四方ほどの小さなもので、お試しで買ってみました。
コレ、ねっとりしてて濃厚でとっても美味しかったです。
今、温めた豆乳に生姜パウダーを入れて朝晩飲んでいるんですが、そこにちょこっとコレを入れると美味しさUP!
ココナツ的な風味は特に感じないので飲み物やお料理の邪魔はしないです。
それでいてコクが出るのがウレシイ

上の袋に入ったものは、現地の人たちが日常使いするのかな、っていうくらいお安いものです。
丸い塊ですが、ちょっと触るとホロホロ崩れて四角いものよりあっさり系。


かいもの2
買ったのはプロンポーン駅前エンポリアムの2号店「エムクオーティエ(EmQuartie)」の中の「グルメマーケット」
ココナツパームシュガーなどがずらーっと並んでます。





かいもの1 
エカマイ駅前のショッピングモールの中のマックスバリューで買い物していたらこんなコーナーを発見
なんだかずいぶんたくさんの種類が売り場を占領していますよね。
で、調べてみたらオーガニックでお値段もお手ごろ価格なので少し買ってみました。


かいもの4
右2本がシャンプー  一本 70THB
Aloe Vera は雑草のような香り(笑)
Leech lime は柑橘系で爽やか。そしてこちらのほうが洗い上がりがサッパリスッキリ!
かなり気に入りました。
オーガニックでノンシリコンなので当然キシみます。
でもその分コンディショナーやトリートメントが入って行く~って感じです。
本当はもう一種類バタフライピーがあるんですが売り切れ。
タイといえばやっぱりバタフライピー。次回はGetしたいです。

同じシリーズのタマリンドのボディスクラブも買ってみました。 たしか70THBくらい
これ、角質除去にgood!
かかとや肘がチュルチュルになります~


かいもの5
これを愛用している友達にはいつものアバイブーベのシャンプーを・・・
左端は虫除けスプレー
蚊に刺されたので急遽買いました。


かいもの7
タイの石鹸といえば「マダムヘン」が有名ですよね。
あの赤い箱のオバサンの顔の・・・
そのマダムヘンのもうちょっとだけ高級バージョンのものを買ってみました。
がしかし・・・
香りが強い!強過ぎる!
他にも種類があったけどローズを選んだのが間違いだったのかも・・・
そして泡立てネットがピンク色に染まって数日経っても取れない
でも老舗ブランドのオーガニック石鹸だからローズの香りが好きな人には喜ばれるかもです。





かいもの9
いつもの携帯用のチークブラシをMBKで・・・


かいもの10
エンポリアムの日用品売り場をうろうろしていて見つけたグラス
これ、けっこう大きいんです。
オットは週末には必ずスムージーを飲むんですが、大量に飲むので大きなグラスを探していました。
わざわざ旅先で買わなくてもよさそうなものですが、毎週末役立っています。


以上、2016年6月バンコクのお買い物でした・・・。


海外旅行情報満載! 






キットカットの抹茶味がタイの人たちに大人気で、日本に来たら爆買い、なんていう現象が起こっていましたよね。
スーパーだけでなく成田や関空で大量買いしている光景を何度も見ました。
なので私も以前はバンコクを訪れるときはお土産として買って行ったりしていました。

でも、今バンコクのスーパーに行くと・・・


かいもの11

こんなにもたくさんの種類のキットカットが
しかも見たこともないようなご当地ものみたいなのがいっぱい!


かいもの12
神戸プリン!
信州りんご!
あずきサンド味!
ストロベリーチーズケーキ!
柑橘黄金ブレンド!
スイートポテト!

いやぁ~いったいどれだけキットカットが好きなんでしょう・・・!
逆に日本人が珍しいキットカットを買って帰るようになったりして・・・(笑)
ちなみにお値段は、袋入りのものはだいたい600円くらいです。


海外旅行情報満載! 

旅行用折り畳みサブバッグ♪






トンロー駅前のソイ38にある屋台街。
お気に入りの「クイッティアオ(タイ風ラーメン)」のお店があったので以前はよく通っていました。
ですが、昨年この屋台街が移転するとの情報が・・・
その後が気になったので今回覗いて来ました。

以前のソイ38屋台街の記事は こちら


ソイ381
19時過ぎのソイ38屋台街
以前に比べると明らかに灯りの数が減っています。
それでも以前のまま続けているお店もありました。


ソイ384
ここはソイ38をまっすぐ進んだ一番奥にあった屋台
以前のお気に入りのクイッティアオの屋台と同じ場所に出ていました。
なので「もしかして」と期待して食べてみることに・・・


ソイ385
こんなメニューが壁面に貼ってありました。
んん?前はこんなの無かったよなぁ・・・


ソイ382
バミーの汁無しと汁有りの両方を。


ソイ383
おいしかったです。
でもすごーくおいしいんじゃなくて普通においしい。
前のオジサンのお店のはすごーくおいしい。
とってもよく似ているけど、ワンタンも蟹肉も入ってないんです。
でも「ちょっと惜しい!」って感じです。


ソイ388 
こちらは前のオジサンのもの
ワンタンと蟹肉が入ってます。
あぁ~オジサン、どこに行っちゃったんだろ・・・
情報をお持ちの方教えてくださ~い!


ソイ387
ソイ38入ってすぐの右側のところがフードコートのように変わっていました。
ちょっと小奇麗になったので食べやすくなりましたが、キレイになるのもちょっぴりサビシイかも。


ソイ386
上のフードコートの真向かいのマンゴーデザート屋さん
以前の場所と全く同じところで営業していたので買って帰ってお部屋で食べました。
この屋台もいずれは居なくなってしまうのか、それともここでずっと続けられるのか・・・
駅前でお手ごろ価格で買えるマンゴーがあるのはありがたいので続けてほしいなぁ・・・



海外旅行情報満載!



ご入会の方にもれなくプレゼントあり!




ハワイ・スイス・パリ・バンコクetc.毎月飛んでる主婦の日々・・・

majubii

Author:majubii


30日間だけ試してみませんか?

[ジャンルランキング]
旅行
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
6位
アクセスランキングを見る>>