FC2ブログ

JGC主婦の個人海外旅行の達人!をめざして・・・

個人手配での海外旅行。安くてお得!そして自由に!そんな旅作りを日々研究中♪

先週のハワイ旅行では2017年10月1日から導入された、ザ・バスの1-DAY PASS(一日乗り放題券)を利用しました。
今まで4日間乗り放題券をずーっと利用し続けていた我が家にとってはかなりの朗報です!


1day1.jpg

これがそのThe Busの「1-DAY PASS」
紙質は以前の一回券のときと同じで薄くてペラペラのものです。


1day2.jpg
アラモアナのバス停には案内も貼ってありました。


1day3.jpg
「1-DAY PASS」は大人は5ドルで一日乗り放題(子供は半額)
一日乗り放題とは言うものの、厳密には夜中の12時を過ぎて午前2:59まで利用OK
今までの一回券2.5ドルも存続しています。


1day4.jpg
日本語部分の箇所を拡大すると・・・
・購入はバスの車内でOK
・以前あったトランスファーチケットは廃止されました。


1day5.jpg
紙質が薄くてすぐにクシャクシャになること、
我が家は一日に何度も乗るのでオットなら間違いなく紛失することは目に見えている!
という理由でソフトクリアケースに2枚入れてそれを運転手さんに見せていました。
出発前に100均で買ったのですが、チケットのサイズがわからなかったので大きめのものを準備。
でも以前の一回券よりもチケットサイズが小さいのでもっと小さなものでOkだと思います。

青い線から下の「REDUCED FARE~」より下は見えてなくてもOkだとすると、最上部から青い線までの長さは7センチ。


バス1 
こんなソフトクリアケースとか、


バス2
こんなケースに入れておけば取り出しやすくて紛失もしなくて安心ですね。


とってもお安くなったザ・バス(The Bus)。
これからますます乗る日本人が増えそうです。
このブログではいろんなお店へのバスでの行き方も書いて来ましたが、
もしわからない場合はいつでも気軽にコメントにてお問い合わせくださいね。



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!



3ツ星から屋台まで、世界を食べ歩く本田直之氏が
今ハワイで行くべきレストランを厳選紹介!
この1年で起こっているのは、ハワイレストラン史上 最大の変化!


2017年10月20日から24日までオットと3泊でハワイへ行って来ました。
今回は、到着したときにシャワーのような雨がほんの少し降っただけで、3日間暑過ぎるくらいにいいお天気に恵まれました。


fc2blog_2017102508162294a.jpg
今回はカカアコを中心にあちこちまわってみました。
カカアコエリアはここ数年どんどん姿を変えて行ってますがますます変わっていてビックリ。
オシャレでそれでいて本格的な美味しいコーヒーを出すカフェが軒を連ねていました。
どれもこれも行きたいけど一回の滞在ではなかなか・・・
次回のお楽しみにしたいです。

ここのところ毎回恒例になっているハッピーアワー。
ダイヤモンドヘッドを望む素晴らしい景色を堪能できるお店で風を感じながら楽しみました。

そして10/20、アラモアナにTARGETがオープンしていました!
とっても便利!
(後日詳細UPします)


20171025155044cb0.jpg
10月1日からザ・バスの1DAY PASS ができていました。
1日乗り放題 5ドル
我が家は今まで毎回35ドルの4日間乗り放題パスを購入していたので、
それに比べるとずいぶんお得に乗れるようになりました。
バスの中でチケットが買えるのもありがたいです。
心なしかバスを利用する日本人が増えているような気がしました。



201710251605190b6.jpg
今回はオットの友達のゴルフウェア探しに奔走して
ちょっとお疲れ気味のハワイ旅でしたが、在住の友達にも会えたし、
美味しいものも堪能できたし、いつも通り楽しいハワイでした♪



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!



DEAN&DELUCA 折りたたみ式エコバッグ♪
たためばコンパクト、広げれば大容量!
カラー:Black/Gray/Green/White/Brown の5色

グリンデルワルトでの6泊を終え、列車でミラノへと向かいます。
でもその前にインターラーケンで途中下車。
駅前付近を散策してお買いものを・・・


インターラーケン1
インターラーケン オスト駅
絵になるかわいい駅♡


インターラーケン18 
せっかく記念写真を撮ったのに
すごいグッドタイミングで後ろに大型ツアーバスが!(笑)


駅のすぐ前にある大きなcoopへ・・・


インターラーケン2
ここはワインがすごく豊富です!
スイス産のワインも国旗で表示してあるのでわかりやすい・・・


インターラーケン3
ここもグリンデルワルト同様に辛ラーメンが山盛り
店内でも韓国人旅行者が多くて韓国語が飛び交ってました。


インターラーケン5
リンツのチョコ、ダース売りのセール品
ちなみに「ACTION」は「セール品、安売り」などの意味です。


インターラーケン4
「Kambly」の種類も豊富


coopで少し買い物したあと、インターラーケンウエスト駅方面を目指してぶらぶら・・・


インターラーケン11
川沿いにある素敵なホテルを横目に・・・


インターラーケン12
しばらく行くとこんな素敵な公園が・・・
真ん中に見えているのはなんと、ユングフラウ!
まさかこんな街中から見えるなんて知らなかった~


インターラーケン13
公園のまん前にはその名も「ビクトリアユングフラウホテル」
ちょっと遠いけどユングフラウを臨む部屋なんて素敵♡


インターラーケン15
マクドナルドにもスイス国旗


インターラーケン14
ウエスト駅が近付いて来て街が賑わってきました。
お目当てのレダラッハ到着
外国人がいっぱいでした。


インターラーケン7
ウエスト駅を少し過ぎたところに巨大な「MIGROSモール」


インターラーケン6
かなりの規模のMIGROSにわくわく♪♪♪


インターラーケン8
ラクレットチーズをはじめ端から端までぜ~んぶチーズ


インターラーケン9
こちらも全部チーズ


食料品はもちろん、日用品もとても充実していました。
Victorinoxが50%OFFセールしてたので大人買い♪


インターラーケン10
電化製品のMIGROSもあり!
時間がなくてじっくり見れなかったのが心残り・・・


インターラーケン17
インターラーケンウエスト駅から列車に乗ります。
オスト駅に比べると小さな駅です。


インターラーケン16
列車を乗り継いでミラノ中央駅へ
これはスイス鉄道ですが、このあと乗り継いだイタリアの列車でちょっとトラブルに遭遇。
ちゃんと座席指定して予約してあったのに、乗り込んだときにはすでに誰かが座ってました。
まぁ、イタリアではこれはよくあること。
今まで何度もイタリアの鉄道に乗ってますが、誰かが座ってなかったことは一度もないくらい(笑)
Eチケットを見せて私たちの席だと主張して代わってもらいました。

がしかし、そのあと違うイタリア人が乗って来て、自分の席だと主張!
私たちのEチケットを見せて、そちらも見せるよう言うと見せない!
「ダブルブッキングだから自分にも権利がある」という主張。
だったら見せて、いや見せない、見せて、・・・
無視していたらあきらめて、前のほうに進んでまた違う人たちと同じようにもめてました。
ミラノまで2時間半くらいかかるので、予約してなくてあわよくばどこかに座ろうという魂胆ですね。
夏場は、スイス内を走る列車と違って国際列車は大混雑なので予約必須です。


インターラーケン19
グダグダありましたが夕方無事にミラノ中央駅に到着です!




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!



DEAN&DELUCA 折りたたみ式エコバッグ♪
たためばコンパクト、広げれば大容量!
カラー:Black/Gray/Green/White/Brown の5色
♡スイス旅行でのお買いもの


グリンデルワルトかいもの1
スイスビールは毎年恒例のお土産。
黄色いレモンのは私の大のお気に入り

コロンとしたエビアンは日本では見かけないのでかわいいものが大好きな友達へのお土産に・・・

真ん中の真四角のものはアルプス岩塩「SEL DES ALPES」
カルシウムが豊富に含まれているそうです。

左上はスイスの定番ジャガイモ料理のロシュティ(Rosti)で、レトルトみたいになっていて日持ちするのでお土産にもOK

右上3個はラクレットチーズ


グリンデルワルトかいもの3
ラクレット用の調理器具を買ってみました。
今まで家でラクレットをするときは、テーブル用IHにフライパンで代用してました。
これはとっても小さくてお手軽なところがgood
オットと2人だけなのでこの大きさで充分♪


グリンデルワルトかいもの4
すでにこの大きさにカットして売られている簡単ラクレットチーズの大きさにピッタリ!


グリンデルワルトかいもの5
固形燃料を4個セットしてチーズを一枚乗せてしばし待てばトロ~リ
じゃが芋などをくぐらせれば・・・


グリンデルワルトかいもの2
スイスといえば毎度お馴染み「ビクトリノックス(Victorinox)」
ミニナイフはお土産として毎年たくさん買います。
coopやMIGROSにも売っていますが持ち手は黒色ばかり。
カラフルな持ち手のものはちょっと割高ですがお土産屋さんで買います。

ここ数年、ミニナイフ以外にも何かしら一つ毎年買い足していっています。
今まで、ブレッドナイフ、包丁、爪切り、キューティクルニッパーなどを買い揃えて来ました。
今年はキッチンばさみが仲間入り♪
たった15スイスフランでさすがの切れ味に大満足♪





グリンデルワルトでの滞在をあとにして帰り道にインターラーケンに寄ってお買いもの♪


グリンデルワルトかいもの8
一番の目的は何と言ってもレダラッハのチョコレート
グリンデルワルトにはお店がなかったのでインターラーケンで途中下車してでも買いたい!ってことでやって来ました。


グリンデルワルトかいもの7
今年は例年よりたっぷり!


グリンデルワルトかいもの6
20センチ四方くらいにカットしてもらったものを5種類
これでだいたい約一万円弱くらいです。
これを4等分に分けてお土産に・・・
お店の人に小分けしたいと言えば袋とリボンを別途もらえます。

日本に帰って来てからチビチビと食べるのがシアワセ~


グリンデルワルトかいもの11
スイスといえば「Kambly」
チョコやアーモンドの入ったものがお気に入り。
グリンデルワルトで探したものの売っていなくてあきらめていたら、インターラーケンの巨大なMIGROSで発見


グリンデルワルトかいもの12
あっさりしていて好みのタイプのクッキーです♡





インターラーケンを経由してイタリアのミラノ中央駅に到着

グリンデルワルトかいもの14 
駅の地下のスーパー「CONAD」へ・・・


グリンデルワルトかいもの10
PERNIGOTTI(ペルニゴッティ)のチョコレート
日本ではあまり馴染みがないですがイタリアでは老舗のチョコレートメーカーなんです。


グリンデルワルトかいもの13 
こんなかわいいマクドナルドのケチャップが売ってました♪





ミラノから飛行機でヘルシンキ空港へひとっ飛び!


グリンデルワルトかいもの9
フィンランドといえばお約束のこのチョコレート「FAZER(ファッツェル)」
板チョコは250グラムもある巨大なもので、一般的なリンツの板チョコで100グラムなので2.5倍です!
割った一粒が大きいので食べ応えあります!
空港の免税店では1個なら4ユーロ、2個なら6.7ユーロ

フリーズドライのイチゴをチョコでコーティングしたものも買ってみましたが・・・リピはないかも。


以上、スイスとイタリア、フィンランドでのお買いものでした♪




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


トラベルポーチ 6点セット
軽量!防水! 大容量!メッシュ素材で持ち手付き!
これでスーツケースの中はスッキリ!


一年前、ハワイのスタバでトートバッグを買いました。


スタバ1
シンプルでいいんだけど、深くて持ち手が長過ぎてイマイチ使いにくくて出番がない・・・
そしてポケットも何もないからけっこう不便だったので、しばらくしてからポケットだけ中に作っていました。
それでもやっぱり出番がない


スタバ7jpg  
ということで旅行用リュックにリメイクしてしまいました~
表から見たら普通のトート、裏側にリュックとして使えるように肩紐を追加


スタバ5
こんな感じ・・・


スタバ3
ナスカンや移動カンを取り付けて・・・
トートだけで持ちたいときのために肩紐は取り外しOK


スタバ8jpg 
飛行機の中で中身が飛び出ないようにファスナーもつけました。


スタバ4
前に取り付けたポケット
大きいほうのポケットにはペットボトル入れも。
こうしておけば深い縦型トートの中で探しまわらなくてOK


スタバ6jpg 
レジンとジェルネイルで手作りしたチャームをつければスタバ感がUP


先日のミラノ旅行では、朝晩が寒かったので羽織ものやスカーフ、傘などをこれに入れて持ち歩いていてとても便利でした。
使っていないトートバッグがあったらこんな感じでリメイクしてみてくださ~い♪



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


増えたお土産は折りたたみで軽量のボストンバッグへ!

2017年10月7日から10日までイタリアのミラノに行って来ました。
今回はなんと2泊4日というヨーロッパなのに弾丸旅。
というのも7月に行ったスイス旅行の帰りをミラノ経由で帰って来て、残りのチケットがもったいないので、ってことで3連休で行くことに・・・
しかも夜到着なので実質観光できるのは一日限り。
でもミラノは一度行って大まかな観光はすでに経験があるので、ピザを食べてドゥオーモを見てジェラート食べてササッと帰る、そんな感じで連休を過ごそう、という計画。


ミラノ6
今回もフィンランド航空で・・・


ミラノ1
到着した夜のドゥオーモ
前回行ったときは工事中でシートがかぶってましたが今回はこんなにも美しい姿が見られて感激


ミラノ2
翌朝もう一度行ってみました。
秋晴れの真っ青な雲一つない空に白いドゥオーモが映えてやっぱり美しい・・・
この日はマラソン大会が行われるようで数万人もの人が集まって大賑わい!
ドゥオーモ駅には電車が止まらず駅を閉鎖していたのを知らずに、「あれ?ドウオーモ駅を乗り過ごした?」と思って2回も行ったり来たりしてしまいました(笑)


ミラノ8
お昼にイタリアンを食べて・・・


ミラノ4
レトロな路面電車に乗ったり・・・


ミラノ3
ジェラートを食べたり・・・


ミラノ9
スーパーでお買いものをしたり・・・


夜はミラノ名物「アペリティーボ」というハッピーアワーみたいなのに行こうと意気込んであれこれお店を調べていたけれど、お昼にイタリアンを食べたらとてもじゃないけどもう一度イタリアンを食べようという気になれなくて断念。
パスタやピザは腹持ちもよくてなかなかお腹空かなくて・・・
イタリアンって一日一回が限界ですね。
年齢的なものですね、きっと。
30才くらいのときに6泊したとはき毎日ずーっと食べられてたのになぁ・・・


ミラノ7
帰りもフィンランド航空で・・・
ヘルシンキの空港から見た紅葉。
もう終わりかけなのかかなり茶色くなってました。
そして、タラップで降り立ってバスに乗り込むとき、吐く息が真っ白で寒い!

日本もそろそろ寒くなってるかなぁと思いつつ帰って来たら暑くてビックリでした。



ミラノ5



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


増えたお土産は折りたたみで軽量のボストンバッグへ!
ネイル1
大理石風の混ぜ混ぜをやってみたくて・・・
もうちょっと練習しなきゃダメですね・・・


ネイル2
フットネイルも色だけ合わせてみました。
ヨガレッスンのときに褒められました~♪



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


増えたお土産は折りたたみで軽量のボストンバッグへ!




神戸の近く、阪急夙川駅からほど近いところにミッシェルバッハという小さなケーキ屋さんがあります。
そのお店に「クッキーローゼ」という大人気でなかなかすんなりとは購入できないクッキーがあります。
500円玉くらいの小さなひと口サイズのクッキーの真ん中に、アプリコットジャムとチョコが乗っかってます。
私も以前友達に少しお裾分けしてもらって食べたことがあります。
シンプルで素朴、昔懐かしい感じのクッキーです。

他県から訪れてくれる人へのお土産にと思って今回初めて買いに行って来ました!

このクッキーは、
・予約は向こう数ヶ月先まですでに完売
・発送は取り扱いがない
・当日販売分は朝早くに完売してしまう

というような理由からなかなかすんなりとは買えません。
テレビや雑誌で取り上げられたから売れているのではなく、夙川周辺は高級住宅街でセレブなマダムたちのプレゼントやお持たせとしてずーっと古くからお馴染みとなっているのだそうです。



クッキー

クッキーローゼ 40個入り
他に18個入り、50個入りもあり


クッキー8
私が訪れたのは火曜日の朝8時45分頃(オープンは10時)
すでにお店の前に並べられた椅子は満杯で、行列は折れ曲がって路地のほうへと続いていました。
私の前にはざっと15人くらいいたでしょうか・・・
その人たちはすでに整理券っぽいものを持っています。

えっ!?もう配られてしまったの?もう無理?
いやいや、いくらなんでもまだイケるハズ!
これくらいしか並んでないなら間違いなくGetできるよね!
などとあれこれ悩みつつ静かに待っていると、9時過ぎくらいに店員さんが出て来て、
「本日は18個入りは完売しまして、40個入りのみお一人様2箱までお買い求めいただけますがどうしますか?」

ゲゲッ!
どうしよう・・・
18個入りを2つ買って渡せば、本人も食べられるし、他の人へのお土産にもしてもらえるし・・・と思ってんだけどなぁ・・・。
40個もクッキーをもらったらそれはそれでありがた迷惑なような気もして悩む・・・
私の後ろに並んでいた人たちも口々にどうする、どうすると悩んでいました。

店員さんに、「明日出直せば18個入りは手に入りますか?」と聞くと、
「今朝の方は朝7時から並ばれていたのでそれくらいに来られれば大丈夫かも・・・」とのこと。
う~ん、夙川に朝7時は無理!
当日販売分が一日に何箱あるのかが不明なこと、18個入りは1人当たりの個数制限をしていないことから、たまたま大量に買って行く人が居たらダメなんですね。
運次第ということですね!


クッキー4
ということで、40個入りを一箱だけ買うことにしました。
カウンターの上にあった見本の現物を見てみたら、40個入りと言ってもクッキーはほんとに小さくて、箱もこじんまりしていたので思っていたほど仰々しくない感じ。
むしろ、18個入りのほうだとちょっと寂しい印象。
自分が食べるならそれでも全然OKだけど、お持たせにするなら40個入りくらいのほうが見栄えがすると思います。


クッキー5
生菓子も買ってみました。


クッキー6
カスタードクリームはかなりあっさりした甘さで、もったりねっとりした感じ。
2個目に手が出そうなくらいにあっさりしていました。

プリンも昔ながらのカスタードプリンで甘さ控えめですっごく気に入りました。


クッキー7
パウンドケーキはしっとりふんわり。


クッキー2
お会計を終えて帰る頃、10:10くらいです。
10時少し前にシャッターを開けてくれて、並んでいた人たちのお会計が始まりました。
でもお店が小さくて一人出ては一人入るという感じなのでまだ少し並んでいる状態です。
整理券さえもらえばあとは並んでいなくても期限の時間までに再訪すればいいのですが、私を含め帰らず並んでいた組の人たちが残っているという写真です。
お会計のときに、早くから待っていただきありがとうございます、と言ってマドーレーヌ1個とミニレモン水をいただきました。


クッキー3
帰り道、夙川沿いを歩いていて気付きました。
自転車の並び方が美しい!!
我が町とは全然違う~
勝手に駐輪してる人がたり、狭い隙間に無理やり突っ込んでもうぐっちゃぐちゃで駅前は歩くのも危ないのに・・・
でもここは管理をしているオジサンが立っていて、その人からチケットを受け取って止めていました。
おそらく景観を保つため徹底しているんだろうなぁ、と思います。
さすが夙川ですね


ミッシェルバッハ 
フェイスブックは こちら
兵庫県西宮市久出ヶ谷町2-28
0798-74-3789
月曜日定休日、火曜日不定休


ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


増えたお土産は折りたたみで軽量のボストンバッグへ!


茨城県の人気ブロガーの「ろびん」さんと神戸デートが実現♪
ろびんさんのブログは こちら
ちょびっと毒舌気味で、それでいて旦那さんとのほっこりした毎日のやり取りで笑わせてくれる楽しくて痛快なブログです。

そんなろびんさんと、神戸での出張ついでにお会いすることができました!


tooth1.jpg

ランチは 「TOOTH TOOTH maison 15th 」  で・・・
私、このお店2回目だしこのそばもよく通るというのに迷子になって数分遅刻(泣)
焦りまくって結局交番でお尋ねするというマヌケぶり・・・


tooth2jpg.jpg
どれもお上品でした♡
私はこれで腹六分目くらい(笑)
でもろびんさんはお腹いっぱい!
やっぱり私の胃袋ってデッカイのね・・・

すでに4時間くらいしゃべり倒してましたが、なんだかお別れするのがとっても名残惜しくてもう一軒お誘いしてしまいました。


tooth6jpg.jpg 
すぐ近くにあるケーニヒスクローネホテルにある「くまポチ邸」
ろびんさんがお腹いっぱいとのことなのでほとんど私がペロリ




茨城土産をいただきました♡


tooth3jpg.jpg
茨城県の「かいつか」の冷蔵焼き芋
いつもブログによく登場していたので食べてみたいなぁと思っていました!


tooth4jpg.jpg
蜜があふれ出てきてます!
「夢ひらく」という期間限定のお芋さんだそうです。
とろっとろで極甘!
こんなに甘い焼き芋は初めて!


tooth5jpg.jpg
今まで食べことのないような美味しいお煎餅も♡
右側のほうだけ開けてみたら、噛んでるうちにモチモチしてくる不思議な食感で止まらな~い!
すでに3分の2を食べてしまい、オットが帰って来るまで残せるかどうか自信がない・・・(笑)


ろびんさんは助産師さん。
以前ハワイに住んでいた経験があり英語が堪能なので、外国人の妊婦さんのためにお役に立ちたい!と日々頑張ってる、明るくて元気でそれでいて聡明な女性でした。
日々ぐうたらな生活を送っている私は恥ずかしくなるくらい眩しい~
また会いたいナァ♡




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


増えたお土産は折りたたみで軽量のボストンバッグへ!


グリンデルワルト滞在5日目にしてようやくお天気に恵まれたので念願のハイキングへ!
クライネ・シャイデック(Kleine Scheidegg)まで電車で行って、アルピグレンを経由してあとはグリンデルワルトまでハイキングで戻るという一般的なコースをチョイス♪


クライネ1

グリンデルワルトからクライネ・シャイデック駅まで片道31スイスフラン (約3,600円)


クライネ2
この電車に乗ってGo!


クライネ3
約30分で到着


クライネ4
スイスではお約束のセントバーナード犬もちゃんといました。


クライネ5
たいていの人はここで乗り換えてユングフラウヨッホを目指します。
レストランもあって大勢の人で賑わってます♪


クライネ9 クライネ27
ソーセージ一本とポテトで約1,800円!
辛ラーメン 800円!
山の上なのでしかたないですね・・・


クライネ6
かわいいチロリアンテープの種類が豊富なお土産屋さんも♪


クライネ7
このゲートをくぐりぬけてハイキングが始まります。


クライネ10
このゲートを過ぎたところで過激な人たちを発見!
外国の若い女性2人が着ていたTシャツを突然と脱いでバンザイ!
後ろから写真を撮ってもらっていました。
きっとインスタとかにUPするんだろうなぁ・・・
横を通る男性陣のほうが目のやり場に困ってタジタジ・・・(笑)


クライネ13
すぐ目の前まで牛さんが・・・


クライネ11
ずーっと待ってようやく晴れて姿を現したアイガーをしみじみと見上げて・・・


クライネ31 
ユングフラウ鉄道の列車が見えて来ました。


クライネ30 
アルピグレン駅に到着


クライネ32 
レストランもあるようです。


クライネ33 
もうグリンデルワルトの町並みが見えています。
あとはひたすら下って行けばOK♪


クライネ14
ここで標識を確認!
「グリンデルワルトの町並みが左方向に見えているし、アルピグレン駅方向へ行けばグリンデルワルトだよね?」
と私が言うと、
「いやいや、グリンデルワルトは右ってなってるやん!」
「えぇ~っ!ほんと?大丈夫?」
「大丈夫、大丈夫」

ということで右方向へ行くことに・・・
でもこれがここから過酷な闘いに挑むことになろうとは・・・(泣)


クライネ15
さっき写真を載せるために見ていてみつけてしまいました。
上の写真の標識の中にこんなものが!
右方向には「アイガートレイル」の案内もあるじゃないか!


クライネ21
そのときはそんなことには気付かずどんどん突き進んで行きます。
もうほとんど人とすれ違うことがなくなって来ました。
不安になっていた私は最後に会った人に聞いてみようよ!と言ったのですが、オットは大丈夫の一点張り。


クライネ16
どんどん歩いて行って次の標識を発見
そしてこれも日本に帰って来てから気付いたのですが、「赤と白」の矢印がついているのは上級者コースを意味するんだそうです。
こんなことも知らずに山に入ったこと自体がダメダメですよね・・・


クライネ17
そしてこれも!
今度は「アイガーウルトラトレイルE101」の標識が!!
さっきアイガートレイルだった標識が一段と険しくなってる~!

アイガーウルトラトレイルE101とは、
毎年グリンデルワルトで行われている、制限時間26時間、総距離101キロ、高低差6700メートルという鉄人レースのこと!
明け方真っ暗なうちに出発して夜通し険しい山道を走り続けるというオソロシイレースです。

そんな無謀なレースのコースに足を踏み入れてしまったのでした・・・(涙)


クライネ19
途中に道案内の印があります。
ここでもやっぱり赤と白。
初級者向けなら黄色いペンキなんです。


クライネ18
道の途中で滝つぼみたいになっていて、これを渡らなければ進めないという場面に出くわしてしまいました。
意を決して走ってジャンプ!!
ギリギリ越えられました!
もうこの辺で帰りたくて辛くて恐くてウルウル・・・


クライネ23
小さめの氷河も迫って来てました。
近付いて穴になっているところに入るとすっごい冷気!


クライネ22
しばらくこんな岩山が続きます。
ロープを伝わないと登れないような山登りなんて未経験です!


クライネ24
おぉ~っ!グリンデルワルトの町並みが見えて来ました!
ここで空腹に耐えられず持っていたおにぎりで休憩
あとはもう町に向かって下って行くだけ!

と思ったのは束の間。


クライネ25
このトレイルのコースは登ったり下ったりを何度も何度も繰り返すんです。
岩山は過ぎたものの、今度はこんな山道。
細くて整備されてない山道で、ちょっとでも足元が狂ったら滑落して転げ落ちてしまうような道です。
またどんどん町並みが遠くなり離れて行くのが見えて涙・・・

しかもそろそろ日没が近付いて来ていたことと、今にも雨が降り出しそうで時間との闘い。
こんな細い山道を全力でダッシュ!
上りはいいけど下りは勢いづいてしまうので、とにかく踏み外さないように下腹に力を入れて走ってました。
翌日は足が筋肉痛になるかと思いきや、下腹の腹筋がすっごい筋肉痛になっていました。


クライネ26
何とかかんとか日没までに下りて来れました~
最後の分岐点で、グリンデルワルトに直接帰る道ではなく、一つ手前まで行ってそこからバスに乗ってグリンデルワルトに行こうと決断。
そのほうがちょっとでも楽そう・・・
と思ったら、最終バスが出たあとでした~(泣)
ここからまた40分ほど歩いて無事グリンデルワルトに到着。

約5時間の過酷な耐久登山となってしまったのでした。
軽いハイキングのつもりがこんなことになってしまって、もっと早くに引き返せばよかったと反省してます。
たまたま滑落もせず無事帰って来れたからいいようなものの、ケガでもして歩けなくなったりしたら大変なことになっていたと思います。
夫婦2人とも体力に自信があるからついつい過信してしまう傾向にあるように思います。

でも・・・
「アイガーウルトラトレイルE101」、ほんとにすごい鉄人レースですがほんの一部だけでも体験できたことはとても貴重でした。
興味があり体力の有り余っている方、ぜひチャレンジしてみてください



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!



280gの超軽量折りたたみサブバッグ!
帰りの空港で買ったお土産の紙袋がたくさん増えたときも一つにまとめられて楽チン!
旅のお供に一つあると安心♪




ハワイ・スイス・パリ・バンコクetc.毎月飛んでる主婦の日々・・・

majubii

Author:majubii


[ジャンルランキング]
旅行
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
3位
アクセスランキングを見る>>