JGC主婦の個人海外旅行の達人!をめざして・・・

個人手配での海外旅行。安くてお得!そして自由に!そんな旅作りを日々研究中♪

フィレンツェと言えばドゥオモ♪
遠くにいても茶色いクーポラがチラッと見えていてその存在感の大きさで、フィレンツェの思い出の大部分を占めるほど・・・


ドゥーモ2

見えて来ました!オットは初対面。
ものすっごい人・人・人!


ドゥーモ5
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は3つの建築物で構成
左から、「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」、「ドゥオモ(大聖堂)」、「ジョットの鐘楼」



ドゥーモ3
大聖堂の正面


ドゥーモ4
ファサードが細かくて美しい
首がだるくなるほど見上げていました。


ドゥーモ6
ジョットの鐘楼
エレベーターは無いので一番上まで上るには414段のらせん階段をひたすら上るしかありません


ドゥオモはあまりにも大き過ぎてすぐ近くからだと写真に納まりきらなかったり、大聖堂に隠れて半分しか写らなかったりとなかなかドーンとした写真が撮れません。
何とかクーポラの部分がしっかり写せる場所を探して周りを散策・・・


ドゥーモ8
裏側に回ってみたらまぁまぁいい感じに見えているところを発見


ドゥーモ7
こんな感じで・・・

ただし、この辺りは観光バスから降りて来た団体客を案内するところらしくタイミングによってはアジア各国の人たちでごった返していることも・・・
なので私はいったん退散してジェラートを食べに行って、しばらくして戻って来たら空いていたのでそのときにパチリ





ドゥオモ周辺から歩いて、フィレンツェの街を一望できる「ミケランジェロ広場」へ・・・


ドゥーモ9
坂や階段を上り続けること約20分で到着
ドゥオモの全貌がやっと見えました!
左の塔はヴェッキオ宮殿


ドゥーモ10
もう一段高いところへ上ってみました。
右端はサンタ・クローチェ聖堂で正面からの姿とは全く違う色合いで、遠くから見ると塔の高さがよくわかります。


ドゥーモ11
やっぱり美しい・・・


ドゥーモ13
翌朝、今度はバスでもう一度ミケランジェロ広場へやって来て、サン・ミニアート・アル・モンテ教会のある高台に上ってみました。


ほし2 
ここは人が少ないので記念撮影しやすいです。
でも、ドゥオモを大きくすると人物も巨大になるし、人物を小さくするとドゥオモが小粒になっちゃうし・・・
難しい・・・




ドゥーモ15
ドゥオモを間近に見ることができるカフェがあるとのことで、「ラ・リナシェンテ(la Rinascente)」というデバートにやって来ました。


デパートの屋上カフェ「La Terrazza(ラ・テラッツァ)」からの眺め
ドゥーモ16
おぉ~っ!近い!大きい!


ドゥーモ17
思わずテンションが上がってしまいます♪


ドゥーモ18
まわりの塀と植木がちょっと邪魔ですが何とかクーポラがしっかり写ってます。
と言うか、私の頭が一番邪魔・・・(泣)
このカフェに居る人のほとんどが写真を撮りたいので場所選びが難しいところです。
皆さん待っているので何度も撮り直すわけにもいかず・・・


ドゥーモ20
デパートの4階にはこのように屋上へ行く階段があります。


ドゥーモ21
4階には雑貨やイタリアチョコレート、食器、オリーブオイル、バルサミコ酢などなど、お土産にいい感じのものが・・・
私はここで小さなケーキ皿を買いました。




ドゥーモ22
ポンテベッキオ橋の向こうにもドゥオモが・・・


ドゥーモ23
ちなみに・・・
ポンテベッキオ橋の周辺は金のショップが建ち並んでいるのでギラギラ
でも20年前に見たときの印象より店舗数がだいぶん減ったような気がしました。
前は眩しいくらいにもっとギラギラしていたような・・・




20年前の写真を見返してみました・・・

ドゥーモ24 
414段の階段をひたすら頑張ってジョットの鐘楼に上ったのでドゥオモが間近に・・・


ドゥーモ26
でもね、記念写真を撮ろうにもこんな感じにしか撮れなかったみたい・・・
柵があるのでしかたないですね。


ドゥーモ25   
でもやっぱり上るとこんなにも街並みがキレイに見えるんですね。
このときはジョットの鐘楼もドゥオモも両方上りました。
しかもまだ若かったから旅行なのにタイトスカートにヒールのあるサンダルというイデタチ。
下りて来たときに踵に絆創膏を貼りまくったのを鮮明に覚えています。


おまけ
ドゥーモ28 
20年前のボーボリ庭園での一枚
若い!細い!あの日に帰りたい!




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


MILESTO(ミレスト) 折りたたみボストンバッグ♪
旅行帰りにお土産が増えたときも、壊れやすいものを機内持ち込みしたいときも常備しておけば安心!



街をぶらぶらしていたら壁画ならぬ「路上画」を描いている人があちこちに・・・


モナリザ1

描きかけのモナリザ

枠の左下に「THANKS」の文字
そしてハートの入れ物にはコインがちらほら・・・


モナリザ2
翌日のほぼ同時刻にまた通りかかったらほぼ完成間近

「THANKS」だけだったのが、「DANKE」と「ARIGATO」が追加されていました。

思わず立ち止まって見てしまいたくなります。
でもすぐ消せるのかなぁとか、各々の場所って決まっているのかなぁとか、夜中の間に消されたりいたずらされたりしないのかなぁ・・・なんていろいろ思ったのでした。
日本だとたぶんNGっぽいけど、歩きながらアートを楽しめるなんてさすがイタリア♪




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!







フィレンツェと言えばジェラート発祥の地♪
できるだけたくさん食べ比べしたい!と事前にあれこれ調べていましたが一日一軒がせいいっぱい
3軒だけしか行けませんでしたがどれもおいしくいただいて来ました!


ジェラート1

Perche no ! (ペルケ・ノ!)

創業80年以上の超老舗だそうです!
この写真にも写っていますが、訪れている人が男性が多いのにビックリ!
観光客というよりは地元の人という感じ・・・
初老の男性がお一人で来てニコニコしながら美味しそうに食べているのがとっても印象的でした。


ジェラート3
チョコレートやミルク系


ジェラート4
フルーツ系


ジェラート2
サッパリしたかったのでリモーネ(レモン)とストロベリーをチョイス
甘過ぎず、酸っぱ過ぎず食べやすい♪
イチゴの味もしっかり感じる!


coop18.jpg
GROM

ガイドブックや口コミなどで超有名なお店です。
なのであえて行かなくてもいいかな、と思っていましたがお買い物していたら目の前にあったので入ってみることに・・・


ジェラート5
一軒目のお店と違ってフタがしてあってジェラートそのものが見えていないタイプ
空気に触れないようになんだそうです。
ということは、見た目で判断できないのでメニューのプレートをしっかり読まねばなりません!


ジェラート14 
でも大丈夫!
なんと!さすが観光客も多いお店だけあって日本語表示が!


ジェラート7
メニュー


ジェラート6
何を食べたのか失念・・・
たぶんバニラとティラミスだったような違うような・・・


ジェラート8
ヴェストリ(VESTRI)

あの、「スプーンですくって食べるチョコレート」として日本でも有名な「ヴェストリ」
イタリア素材にこだわったチョコレートショップで、もちろんチョコを買いに行ってみたら・・・


ジェラート13
種類は少ないけどジェラートがあるのを発見!
4つしかないように見えてますがフタを開けると2段になっています。


ジェラート10


ジェラート9
ピスタチオ&ミルク
ピスタチオが濃厚!「ザ・ピスタチオ!」って感じでした。
でも、せっかくチョコレート屋さんなのになんでチョコ味にしなかったのか・・・
実は何種類かあったチョコ味のうち、かなり苦そうなミルク感の少ないものしか残っていなかったんです(泣)

日本でもチョコレートは買えるけど、ジェラートは現地じゃないと食べられないのでフィレンツェに行ったらぜひ!



ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!



280gの超軽量折りたたみサブバッグ!
帰りの空港で買ったお土産の紙袋がたくさん増えたときも一つにまとめられて楽チン!
旅のお供に一つあると安心♪





20年ほど前に友達と一度訪れていたフィレンツェ。
そのときも今も変わらずフィレンツェで人気があるのが「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」
今回も石鹸を求めて行って来ました。


サンタマリア4
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局
正式名は、Officina Profumo Farmaceutica di Santa Maria Novella

20年前に来たときのことは全く覚えてないのでこんな感じだったかなぁ・・・と思いながら中へ


サンタマリア3
入口を入るとまずは廊下があって、閉店間際だったこともあってかシ~ンとしててここからすでに厳かな雰囲気・・・


サンタマリア5
入ってすぐにあるのがメイン販売ホール
大改修はあったものの、元々は修道院だった当時そのままの雰囲気


サンタマリア6
天井のフレスコ画も必見




サンタマリア8
ポプリやキャンドルのお部屋も歴代の修道士の肖像があったりして見るだけでも価値ありです。


サンタマリア9


サンタマリア10


サンタマリア11





お部屋の見学をしたあとはお買い物のためにメインホールへ戻ります。


サンタマリア14
ここは香水専用のカウンター
もちろんお試しOK

こんなふうに香水だけのカウンターや、石鹸だけ、基礎化粧品だけ、というようにカウンターが分かれています。
私が行ったときには石鹸のコーナーに日本人スタッフがいました。

ただ・・・
「あまり香りが強くないものがいいんですが・・・」と相談すると
「どれも香りはしっかりしていますけど。」とキッパリ!
ちょっとコワくて「あ、そうなんですね・・・」としか言えず・・・
もうちょっと優しく言ってほしかったなぁ・・・


サンタマリア13
最初に購入を決めたカウンターのところでこんなカードを作ってくれ、買ったもののデータが記録されます。
その後にも他に買うものが決まったらそのカウンターでまたこのカードを呈示してデータを追加。
それを繰り返したら最後に会計のお部屋へ・・・


サンタマリア7
この扉の向こうが会計のためだけの部屋
カードを渡すと、ひとまとめにされた商品を受け取り、会計をするというシステムです。


サンタマリア15
ミルクソープのバーベナの香りを友達に頼まれていた分も含めて2個と、ローズウォーターを1本購入


サンタマリア16
バーベナの香りは最初はちょっと強いかな、と思いましたが使っていくうちにだんだんといい感じに慣れてきました。
しっかり泡立てて優しく洗顔したら、全くつっぱらないのに洗浄力はしっかりしててかなりスッキリキュッキュッ!
そして試しにシャンプー代わりに髪を洗ったらワックスとか余分なものがビックリするくらいスッキリ落ちます。
その代わりもちろんキシむのでコンディショナーやトリートメントは必須ですが・・・


サンタマリア18
ローズウォーターは瓶入りでディスペンサーは付属されていないので詰め替えて使用しています。
フィットネスクラブに持って行っているのでミニサイズのアトマイザーをダイソーで買って来て、友達にもらった「六花亭」のマスキングテープを貼って・・・
ローズの香りって今までは苦手で避けて来ましたがこんなにも優しいローズの香りがあるなんて!というくらい気に入ってます。
フィットネスで全身にふりかけているとみんなが「何このいい匂い!」と言ってます・・・


サンタマリア17
石鹸1個 10ユーロ、 ローズウォーター 14ユーロ
ちなみに・・・
日本価格は石鹸は2484円、ローズウォーターは3780円




 サンタマリア1
 サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

薬局とは徒歩で3分くらい離れています。


サンタマリア2
夜に通ったら教会前の広場で学生さんたちが踊っていました~♪




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!







泊まっていたヒルトンガーデンインホテルのすぐ近くにちょっちとしたショッピングモールがあり、その中にスーパーの「coop」も入っていたので何度も利用していました。


coop3.jpg

coopだけでなくH&M なども入っています。


coop1.jpg
coop

かなり大きなスーパーなので食料品の品揃えはかなりのもの!


coop4.jpg
ワインやプロセッコも充実


coop5.jpg
シャンパンも・・・


coop6.jpg
ちょっと変わったパスタ類


coop7.jpg
ノーマルなパスタも・・・


coop9.jpg
英国王室御用達の発酵バター、「BEPPINO OCCELLI(ベッピーノオッチェリ)」も売っていました!
ローマでこのバターを買ったときの記事は こちら
フィレンツェ内のいろんなスーパーへ行きましたが、これを見かけたのはここだけでした。


coop8.jpg
なんと!「BEPPINO OCCELLI」のチーズコーナーまでありました!


coop2.jpg
営業時間




coop以外に街の中で行ったスーパーと食料品店


coop19.jpg
小さな食料品店はたくさん見かけましたが、実際に私が行ったお店に★印をつけてみました。


coop11.jpg
「Tutto 99 cent」

99セントショップ、日本で言うところの100均のお店みたいな感じです。
間口は狭いけど奥に細長~いお店。


coop12.jpg
お菓子や文房具、雑貨などなど・・・
いつもイタリアへ行くと必ず買うお菓子がスーパーの半額くらいで買えました~♪


coop13.jpg
99セントショップのすぐ近くに小さなカルフール発見
自転車がなんとも可愛いぃ~
狭くて品揃えも少ないですが、ちょっとしたお土産にお菓子やイタリア食材を買ったりするだけなら大丈夫


coop20.jpg
「EATALY」
中央市場の2階にもありますがすごく小さいので、こちらのお店のほうが圧倒的に品揃えが豊富です。


coop10.jpg
EATALYの近くで見つけた「CONAD」
こちらも小さなお店ですがパスタなどのイタリア食材を買うには充分


coop16.jpg
「ALESSI」

「GROM」のジェラートを食べに行ってたまたま入ったお店


coop17.jpg
なんと♪大好物のフルーツゼリーの種類がハンパない!
しかもしかも!あのチョコレート屋さんの「Venchi」も探していた「Leone」のゼリーまであるなんて!
イタリアのチョコレートの品揃えもカンペキ!
イタリアのお菓子のお土産なら何でも揃いそうです。


coop18.jpg
「ALESSI」はいつも外まで並んでいるジェラート屋さん「GROM」のまん前です。


coop14.jpg
「PEGNA」

ガイドブックにも必ず載っていると言っていいほどの有名店
ツアーの方々もガイドさんと共にたくさん訪れていました。


coop15.jpg
種類は少なめですがイタリアのチョコ「AMEDEI」や、エシレバターなども売っていました。
いつもパリで買っているゲランドのお塩がパリよりお安かったのでここで購入♪




街を歩いていると小さいながらもCONADやカルフールなどのチェーンのお店はあちこちで見かけます。
他にも個人商店のようなかわいいお店もいろいろ見かけました。
お土産探しには困らない、お買い物の楽しい街でした。




ランキング参加中
海外旅行情報満載!←応援していただけるとうれしいです!


MILESTO(ミレスト) 折りたたみボストンバッグ♪
旅行帰りにお土産が増えたときも、壊れやすいものを機内持ち込みしたいときも常備しておけば安心!


ハワイ・スイス・パリ・バンコクetc.毎月飛んでる主婦の日々・・・

majubii

Author:majubii


[ジャンルランキング]
旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
3位
アクセスランキングを見る>>