JGC主婦の個人海外旅行の達人!をめざして・・・

個人手配での海外旅行。安くてお得!そして自由に!そんな旅作りを日々研究中♪

ドバイからチューリッヒの往復で乗ったA380の機内でいただいた食事を一気にUPします。
と言ってもなかなかうまくお腹の空く時間帯のフライトではないのでそんなにたくさん食べられず、種類は少しだけですが・・・


機内食11
お酒ではなくハーブティーを・・・


機内食1
アペタイザー

 
機内食15
この丁寧なテーブルセッティングを見て 昔々のJAL を思い出してしまいました。
やはりこういう雰囲気こそ、ザ・ファーストクラス!っていう感じ
 
 
機内食9
キャビア  メルバトーストとブリンツとともに・・・

 
機内食10
このキャビア、臭みとかクセとか全然ない!
そしてしょっぱくもない!
今まで食べてきた中で一番美味しい
今までのものは多少なりともクセを感じていたので残すこともありましたがこれは完食♪

 
機内食3
季節のサラダ
野菜が思いっきり摂れる!って感じの葉野菜ばかりのサラダをチョイス

 
機内食4
サラダにはバルサミコ酢とオリーブオイルを・・・

 
機内食12
豆のスープ
これがサワークリームがアクセントになっててすっごく美味しかった~!
ちょっと量が多いので完食するとあとに堪えるのがたまにキズ・・・

 
機内食13
グリルサーモンは身が分厚くてふわっふわでやわらかい
ジャガイモももっちりねっとりしてて、少し酸味のあるソースとよく合います。

 
機内食6
オットが食べたローストチキン

 
機内食5
特筆すべきはこのパスタ!
フレッシュなトマトソースはトマト嫌いの私でも食べられました!
イタリアンのお店で食べるような味とパスタの茹で具合はとても機内食とは思えないお味でした。

 
機内食7
チョコレートケーキ
ラズベリー4つは多過ぎてすっぱーい(笑)

 
機内食14
フィナンシェをオーダーしたら大人のこぶしよりも大きくて温かいものが出てきてビックリ
これもベリーソースがすっぱい(^^ゞ

デザートはやはり大味というか繊細なものではないなぁという印象です。




スイス⇔ドバイの往復でオットと二人で食べたのはたったのこれだけです。
JALに乗っていたときは起きている時間帯だったのでけっこういろんなものを食べていましたが、寝ていたり、あまりお腹が空かない時間帯ということもありちょっと残念でした。
今持ち帰ったメニューを見直すと、懐石コースもあるし、もちろん中東料理もあったり、ナシゴレンなんてのもあります。
もう少しあれこれ試してみたかったなぁと心残りが・・・




A380ではないですが、ドバイ→ 関空の便に一人で乗ったときは・・・

機内食B2
搭乗してすぐにぐっすり眠ってしまったので起きてきて和朝食をチョイス

う~ん、炊き込みご飯にしたのですが、レトルトのごはんの素みたいなのを混ぜて炊いた感じ
銀だらは脂が乗っていておいしかったです。


機内食B1  機内食B3
日本線の便ではメニューも日本語。
急須を見た瞬間、ものすごく日本が恋しくなりました。


機内食B5  機内食B6
ケーキなどを食べる余裕はないけど何か軽い甘いものを、とお願いしたらチョコを持って来てくれました。
スイスのチョコレートで、調べたらジュネーブでしか買えないものなので貴重
ただ私にはちょっと甘さが強かったかも・・・


機内食B4 
グラスではなくボトルのお水をお願いしたら、エミレーツオリジナルのドバイの街並のかわいい柄でした



海外旅行情報満載!



3WAYで様々な風合いのレザーを使用した ワンショルダーボディバッグ♪
ポケットも多数あるので旅行に最適!

エアバスA380の一番の「ウリ」は何といっても「機内ラウンジ」
ファーストクラスとビジネスクラス専用のバーラウンジ。
そんなものが機内にあるなんて、飛行機好きとしてはぜひともこの目で見て見たい!
ファーストクラスの座席は一番前、その後ろにビジネスクラスがあり、その後ろにバーラウンジがあります。
なので長~いビジネスクラスの通路を、しかも照明を落とした暗い機内をずーっと歩いていくのがちょっと残念な感じでした。
願わくば、ファーストとビジネスの間にあれば・・・・
ラウンジ6 
この円形のカウンターの中でカクテル等を作ってくれます。
ラウンジ5 
こんな感じで・・・
ラウンジ1 
ラウンジ2 
カウンターの中に入って記念写真をどうぞ、と言ってくれます。
ラウンジ4 
少年とパパも一緒に撮ってもらってました。
ラウンジ11
バーラウンジのシャンパンは「ヴーヴ・クリコ(Veuve Clicquot )」
 
ラウンジ10 
座席でいただくのはドンペリばかりだったのでちょっと違うものを、とオットだけいただきました。
ラウンジ9 ラウンジ8 
 
パンやカナッペ、サンドイッチなども置いてあります。 
ラウンジ3
バーカウンターの横にはソファ席もあるのでここでいただくことができます。
そしてここで事件勃発!
ビジネスクラスからバーラウンジに走って来た子供が、赤ワインの入っていたグラスを下げて来たCAさんに激突!
そしてそのグラスが宙を舞いオットのパンツにバッシャーーン!
上の写真を見てわかるようにオットのこの日のパンツはよりによってホワイトジーンズ!
慌ててCAさんが一生懸命拭いてくれました。
ラウンジ12  
でもどんなに拭いても見事なシミ!
白だから仕方ないわねぇ・・・という感じでこれで終わろうという雰囲気。
これから先まだ旅が続くのにこれはひどいよなぁと思っていたら、
そこへ日本語ペラペラの韓国人CAさんがやって来て事情を察してくれ、
脱いでパジャマに着替えてしばらく預けてください、とのこと。
待つこと一時間ほどでビックリするくらい真っ白になって戻って来ました。
なんでも「白い粉」を振りかけたんだとか。
その魔法の粉、ぜひとも分けてほしい~(笑)
ハプニングはありましたが飛行機の中でのバーラウンジという非日常というか非現実的というか、とっても貴重な体験をさせていただきました。
海外旅行情報満載! 


ハワイのビールといえば「Kona Brewing」


定番4種類と期間限定商品の2種類をセットにした珍しい6種類を飲み比べ!
ドバイからチューリッヒ、そして復路の逆ルートでは、待ちに待った本命の「エアバスA380-800」
2階建の巨大な飛行機で飛びます。


A38026.jpg  
ファーストクラスラウンジは4階だったのでエレベーターで2階に下りて飛行機へと乗り込みます。


A38019.jpg
ファーストクラスのあるアッパーデッキ(2階)にもボーディングブリッジ(右上)があるので、1階を通ることなく直接2階へ


A3802.jpg
A380の特徴の一つでもある4発エンジン!
目の前で見るとすごい迫力!



 

A3806.jpg
オットと2人並びで座れる真ん中の「E」と「F」の座席
パーティーションを下ろせば話すことができます。


A38012.jpg 
パーティーションを上げたらこんな感じ
オットの頭がかろうじて見える・・・


A3807.jpg
自分の座席の外側に各々クローゼットがついています。
そうとも知らず、ジャケットをCAさんに渡してしまいました~
CAさんがここにかけてくださるのを見て初めて気付きました


A38018.jpg 
巨大なテレビ


A38016.jpg
取り外し可能のモニターもB777-300ERのものに比べると新しいので薄型になっています。


A38015.jpg
埋め込み式になっているアメニティ


A38025.jpg
かご盛りのお菓子類
    

A38017.jpg 
特筆すべきはこのブランケット!!
お昼間だったのでベッドメーキングはしてもらわずに、ブランケットだけくださいとお願いして持って来てもらったもの。
表面はキメがものすっごく細かくてつやつやでまるで絹のような肌触り
裏面はもふもふ、ふわふわ~
もうその何とも言えない触り心地に一瞬で癒されてしまいました。
ブランケットと言ってもシングルサイズの毛布をちょっと小さくしたくらいの大きさがあります。

CAさんとお話する機会があったので絶賛すると、後ほど再びやって来たその方が「どうぞお持ち帰りください」と
ほんとにほんとにいいんですか?と何度も聞きましたが上司のOKが出たようでいただいて帰って来ました。
秋になりこのブランケットをまとったとき、再びあの感動が蘇り癒されました・・・


A38014.jpg  
離陸前のウェルカムドリンクはもちろんドンペリ


A38023.jpg  A38020.jpg
CAさんがお撮りしましょうか?と言ってくださったので恥ずかしかったですが記念に・・・
 

A38021.jpg  A38022.jpg
ウェルカムアラビックコーヒー
デーツ(なつめやし)とともに・・・





シャワールーム

A3808.jpg 
このシルバーの扉を開けると・・・


A3809.jpg 
中はこ~んなに広いバスルーム!
トイレも中にあります。


A38010.jpg 
シャワー
利用したオットの話によると、水量は10分も持たなかったとのこと。
なので女性が髪を洗ったりすることはキビシイかも・・・


A38011.jpg 
アメニティ
2種類の香りがあるので好きなほうを・・・





A3804.jpg 
アッパーデッキから1階に下りる階段がありますがロープが張ってあり下りることは不可





初めてのエアバスA380はやっぱり想像以上の素晴らしさ!
B777-300ERに比べると設備も新しく、ゴージャス感が倍増します
どうせファーストクラスに乗るならぜひともA380を体験するべき!と痛感しました!


次は機内のバーラウンジ編をUPします。


海外旅行情報満載!


コシヒカリよりも美味しいと評判のつや姫
28年産新米!口コミ評価の高さは食べて納得!



ファーストクラスの搭乗客は、エミレーツ航空系列のスパ、「タイムレス・スパ(Timeless Spa)」で15分間の無料トリートメントを受けることができます。


タイムレススパ3
タイムレス・スパ(Timeless Spa)
場所はターミナル3 コンコースA のファーストクラスラウンジを出て右奥にあります。


タイムレススパ4
ファーストクラスの搭乗客の場合は5種類のトリートメントを15分間無料で受けられます。
また、ビジネスクラスの場合は同じものを39ドルで利用可能
ここに記載されている以外にもネイルやヘアケアなどの有料メニューもあり


タイムレススパ2
ロビー


タイムレススパ1 
とってもいい香りのする個室でした。
私はフットマッサージのコースをチョイス。
途中で強さも聞いてくれたり、すっごく丁寧でたった15分間でも癒されました




海外旅行情報満載!


超軽量おりたたみバッグ!飛行機のイラストもGood!
旅先でお土産が増えたときのためにスーツケースにしのばせておけば安心!







ドバイ空港のエミレーツ航空コンコースAのファーストクラスラウンジでのお食事は専用のダイニングエリアでいただきます


ラウンジレストラン5
きちんとしたレストランがあり、この何倍もの広さがありゆったり・・・


ラウンジレストラン4
お料理はすべてオーダー制



メニュー

メニュー1
朝食


メニュー2
パンやワッフル


メニュー3
ランチ&ディナー AM11時からオーダー可能


メニュー4
メイン料理


メニュー5
サンドイッチ&ハンバーガー&チーズ





朝食

ラウンジレストラン10
お水をオーダーすると必ずこの大きなボトルの「VOSS」がサーブされます。
普通のミネラルウォーターとスパークリングウォーターの2種あり。


ラウンジレストラン7
そして、バターが「イズニー」なのがウレシイ
無塩と有塩の両方あり


ラウンジレストラン9
玉ネギとマッシュルーム、そしてたーっぷりのチーズ入りのオムレツ
これ、とってもおいしかったです!


ラウンジレストラン8
オットがオーダーしたスクランブルエッグもちょうどいいトロトロ加減


ラウンジレストラン2
ちょっと揚げたっぽい目玉焼きですが、黄身はちょうどいい感じ


ラウンジレストラン11
カプチーノとフレンチトースト
サラッとしたカスタードのようなソースがおいしい~


ラウンジレストラン3
紅茶は至って普通(笑)




ディナー

ラウンジレストラン12
席につくとお水やオリーブやフムス、バターがセッティングされます。


ラウンジレストラン13
フレンチオニオンスープ
チーズたっぷりですっごくおいしい!
でもちょっとお味は濃い目。
そして量が多いのでこれでお腹が膨れてしまう~


ラウンジレストラン15
ビーフステーキ
付け合せはマッシュポテトの上にチーズを乗せて焼いたものでこれがまたおいしい~


ラウンジレストラン14
ミディアムレアでお願いしましたがちょうどいい焼き加減でgood♪


ラウンジレストラン16
シャンパンはラウンジ内の至るところにあってすべてこの「モエ」で統一されてました。





オーダー制以外にバイキング形式でいただくこともできます。
また、スタッフに言えばそれらを席まで持って来てくれます。
どれも試してないのでお味のほうはわからないのですが・・・

ラウンジレストラン17
サラダ系


ラウンジレストラン18
お寿司など・・・
手前に見えてるサーモンの厚みがスゴイ・・・


ラウンジレストラン20
チーズやハムなど・・・


ラウンジレストラン21
ヨーグルトやフルーツなど・・・
ここにも分厚いサーモンが・・・


ラウンジレストラン25
なんと!スイスチーズ「テット・ド・モワンヌ」が!(ボケボケ写真でゴメンナサイ)
しかもちゃんと専用の削り機「ジロール」がセットしてあります。
こういうのがあるのがちょっと他のラウンジとはレベルが違う感じがします。


ラウンジレストラン19
パン・ベーグル・マフィン・クッキーなど・・・
クルミとシナモンのマフィンがおいしかった


ラウンジレストラン22
クグロフやグルテンフリーのマフィン、アラビックパンも・・・

これらの簡単なものはレストランに行かなくてもカウンターだけのエリアで気軽にいただくことができます。


ラウンジレストラン23
これ何だろ?
あまりにもキレイに並んでいるので食べるのが申し訳なくて手を出していませんが・・・


ラウンジレストラン24
調べてみると「ブルマ」というトルコ菓子の一種だとか・・・?
今更だけど食べてみたら良かったな・・・



レストランメニューはいっぱいあるのであれもこれも食べてみたい気持ちはあるものの、じーっとしているだけでほとんどお腹も空かないのであまり試すことができなかったのが心残り。
10時間いてもそんなには食べられないものですね・・・


次回はラウンジの横にある「Timeless Spa」をUPします。



海外旅行情報満載!


レトロで可愛いのに超軽量!
ダメージを受けやすいコーナーをパットで補強!丈夫でお手入れも簡単♪



ハワイ・スイス・パリ・バンコクetc.毎月飛んでる主婦の日々・・・

majubii

Author:majubii


[ジャンルランキング]
旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
3位
アクセスランキングを見る>>